この記事では、Jアラート(全国瞬時警報システム)の仕組みや
Jアラートの鳴るタイミング、鳴らない理由などを解説していきます。

日本では2017年8月29日に
北朝鮮ミサイル発射によりJアラートが鳴ったことにより
国民のJアラートの重要性に目が向けられました。

また、逆にJアラートが鳴らなかった地域もあり
Jアラートの仕組みに再度注目が集まったことにより
今回の解説記事を書くことに至りました。

Sponsored Links

 

そもそもJアラートとは?

Jアラートというのは
正式名称は『全国瞬時警報システム』です。

Jアラートでも間違っていませんが
『全国瞬時警報システム』と毎回言うには長くて言いにくいので
『Jアラート』という言葉が出来たのだと考えています。

全国瞬時警報システム、という言葉で分かるように
日本国民に瞬時に警報を鳴らすシステムの総称です。

ちなみに開発と運用は総務省消防庁がしています。

学校でも押すと学校中に警報ベルが鳴るボタン
みたいなのがあったと思いますが
(たまに誰かが押して鳴っちゃったりしてましたが)

イメージとしてはその警報ベルの国(地域)規模のものだとイメージすれば分かりやすいかと思います。

何かしら日本(または一部の地域)に危険が迫ると
消防庁が判断してJアラートで危険を知らせる訳ですね。

 

Jアラートの主な仕組み

Jアラートの種類

まずJアラート(全国瞬時警報システム)ですが
これには

・国民保護に関する情報
・自然災害に関する情報

の2種類があります。

1つ目の国民保護に関する情報
いわゆる北朝鮮ミサイルのような攻撃に関する警報です。

もちろん、北朝鮮以外にも武力によって日本に危険が及ぶ場合はJアラートが鳴ります。

2つ目の自然災害に関する情報
地震や津波といった危険性が高い自然災害が起こる可能性がある場合にJアラートが鳴ります。

基本的にはこの2種類を使い分けて
各地域や国民の持つ端末に瞬時に伝達されます。

 

Jアラートの鳴るタイミング

Jアラート(全国瞬時警報システム)ですが
何でもかんでも鳴らせばいいってものじゃ当然ないので

鳴らすかどうか判断している機関があります。

それが内閣官房気象庁です。

内閣官房
いわゆる北朝鮮ミサイルのような攻撃に対するJアラートの判断をしており

気象庁
地震や津波といった自然災害時のJアラートを鳴らすかどうかを判断しています。

そして、このJアラートが地域の受信機や国民の持つ端末などに届くのには順序があります。

1、内閣官房or気象庁がJアラート発動を決定し消防庁送信システムに連絡
2、衛星を介して各地域の受信機がJアラートを受信
3、受信機から地域の無線機、ケーブルテレビやFM、個人の端末に自動配信

という流れになっています。

つまり、人が関わっているのは手順で言うと『1』のみで
後は、自動で配信される仕組みになっています。

やはり緊急時に瞬時に伝わることを想定したシステムなので
当然と言えば当然ですが、伝達スピードの秘密はこの受信機が
全国のほとんどの地域に整備されていることにありますね。

 

Jアラートの鳴る受信機(端末)

基本的に各地域の地方自治体には受信機がありますので
それらにJアラートは自動配信されます。

個人で言うとケータイやスマホになるのですが
これはJアラートの受信出来る端末が決まっていて
対象外機種だとJアラートが受け取れないという意味でもあります。

Jアラートが鳴る端末は大きく分けて3つあり

・地域に設置された防災行政無線の屋外スピーカー
・(ケーブル)テレビやFMラジオ
・個人の持つケータイやスマホ(一部を除く)

の3つが地域の受信機が受信したJアラートを鳴らす端末となります。

地域に設置された防災行政無線の屋外スピーカー
公園などに時間を知らせたりする屋外スピーカーが設置されていますが
そこから緊急時にJアラートが鳴るようになっています。

私の地域にも普段は時間を知らせる音楽が鳴ったりしていますが
地震や大雨の際には警報と内容が放送されます。

(ケーブル)テレビやFMラジオ
そのままだが、(ケーブル)テレビやFMラジオがJアラートに対応している。

緊急地震速報がテレビの上部に流れるのは
地上波で見たことのある方は多いと思うが

Jアラートの場合は画面が暗転し、文字と音声で内容が放送される。

実際に2017年8月29日の北朝鮮ミサイル発射で東京ではテレビ放送もされたJアラート

「弾道ミサイルは発射から極めて短時間で飛んできます。日本の広い地域が(警報の)対象となっております。この地域の方はひとまず近くの頑丈な建物、あるいは地下に避難してください」

なので、テレビであれば
地上波でも当該地域であれば放送を受信する可能性がある。

 
地域特化のケーブルテレビやFMラジオであれば
○○ケーブルテレビ、ケーブルテレビ○○
○○FMやFM○○

といった○○には地域名が入るような
ローカルケーブルテレビやFMラジオが基本導入していることが多い。

FMラジオについては導入している番組を受信できる地域にいるかどうかである。

個人の持つケータイやスマホ(一部を除く)
自分の持っているケータイやスマホがJアラートの受信端末となる。

しかし、全ての端末が対応している訳ではないので注意が必要だ。

基本的に大手キャリア(docomo/au/softbank)の端末は
対応している端末がほとんどだが、古い機種は注意が必要です。

また、格安スマホ/simの発売している機種は
Jアラートに対応していない機種が多いので注意が必要です。

これらについてはJアラートの設定やアプリ
対応機種について特設ページを設けています。

■Jアラートのdocomoの受信(停止)方法と設定やアプリの解説
■Jアラートのauの受信(停止)方法と設定やアプリの解説
■Jアラートのsoftbankの受信(停止)方法と設定やアプリの解説
■Jアラートの格安スマホ/simの受信方法と設定やアプリの解説

Sponsored Links

 

北朝鮮ミサイル発射でJアラートが鳴らない理由と鳴った地域

Jアラートが鳴らない理由と書きましたが
実際には鳴る地域と鳴らない(鳴らなかった)地域があります。

これは北朝鮮ミサイルであれば内閣官房がJアラートの発動を
消防庁に連絡する訳ですが

消防庁でどの地域にJアラートを鳴らすかを決めていて
地域コードや番号が存在するようで、それらを振り分けることで
放送する地域にフィルタリングをかけているようです。

なので、2017年8月29日の
北朝鮮ミサイル発射によりJアラートが鳴りましたが

Jアラートが鳴った地域は以下の1道11県

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県

 
つまり上記以外の地域はJアラートを受信しなかったことになる。

なぜ、こんな広範囲にJアラートが鳴ったのかというと
緊急でJアラートを鳴らさなければいけないのと
どこに落ちるのか明確な地域が分からないことにあると考えています。

 

北朝鮮ミサイル発射、着弾まで10分以内!?

北朝鮮ミサイル発射から着弾までの時間は10分ないと言われています。

実際2017年8月29日の北朝鮮ミサイル発射例ですが

Jアラートが6時02分に鳴り響き
再度ミサイル通過の通知が6時14分に

2度のJアラートの通知までわずか12分。

2017年8月29日の北朝鮮ミサイル通過のJアラートがこちら
2017年8月29日北朝鮮ミサイルJアラート1

予想では北朝鮮ミサイルは5時58分に発射された
とされていますが

Jアラートが鳴ってから12分後にミサイル通過の通知。

実際に落ちていればもっと猶予は短いことになります。

なので、多分Jアラートが鳴って10分ないです。

あの日、実際に核弾頭が積まれ本土に落ちていれば?

と考えると恐ろしいですね。

TwitterなどのSNSでは危険視する投稿もあれば
楽観視する投稿も多く見られました。

ですが、これは楽観視している場合ではないと
本気でブログ管理人は考えています。

もはやJアラートが鳴ってから数分しか行動できる時間がないとすれば
できることは限られていますが

予め逃げる場所を決めておくことが重要かもしれません。

Jアラートが鳴ってから考えていては遅いです。

近くに地下施設があればそこでいいですし
無ければ、家の雨戸を全て閉めて引きこもる
くらいは考えておきましょう。

正直、核弾頭が積まれ近くにミサイルが落ちてくるというのであれば
もはや逃げようがないですし、数分でどうにか出来る事案ではないです。

なので、Jアラートが鳴ったらどうするか?

これだけでも自分の中で決めておいても良いかもしれませんね。

 

Jアラートの仕組みを解説!ミサイル発射でJアラートが鳴らない理由まとめ

・Jアラート正式名称『全国瞬時警報システム』
・Jアラートには攻撃と災害の2種類がある
・内閣官房or気象庁が消防庁に連絡し各地域、端末へと発信される
・警報地域は事案によってフィルタリングされるため必ずしも鳴る訳ではない
・北朝鮮ミサイルは10分以内に着弾する