2018台風25号最新進路予想!北海道への上陸はいつ

今年2018台風25号ですが
非常に強い勢力を保ったまま
日本列島の北部を中心に北上します。

先日の台風24号には若干劣るものの
規模も雨風も相当なものなので十分注意して下さい。

北海道は直撃コースなので

各地域が提供するハザードマップを確認し
浸水する可能性のある地域、斜面の崩れる可能性のある地域の方は
早めに避難するよう心がけてましょう。

 
スポンサーリンク

2018年台風25号最新進路予想

2018年台風25号最新進路予想
出典:tenki.jp

tenki.jpさんの画像を見ると
やはり、日本列島の北部を中心に北上し

2018年10月6日(金)~10月8日(月)にかけて日本列島を縦断します。

北海道も直撃コースなので十分注意して下さい。


2018台風25号の北海道への上陸はいつ

上記で解説した通り2018台風25号は
2018年10月6日(金)~10月8日(月)にかけて日本列島を縦断します。

北海道は10月7日15時に
暴風域が直撃する
進路予想になっています。

すっぽりと北海道のほぼ全域が強風域に入り
中心部に近いほど暴風域に近いということになります。

かなり勢力を維持したまま北上すると見られており
北海道でも暴風、豪雨の脅威を振るう可能性があります。


7日の午前中のうちには雨風が強くなる可能性がありますので
避難は7日の朝までに済ませておいた方が良いでしょう。

特に各地域が公開しているハザードマップで
浸水する恐れのある地域、斜面が崩れる恐れのある地域は
必ず避難するようお願いします。

(ハザードマップは下記の項目で解説)

 
スポンサーリンク

北海道のハザードマップ

ここ数年で日本列島の台風や豪雨の被害は
年々増えている気がしますが

それと比例してハザードマップという言葉を
聞く機会も増えたかと思います。

ですが、ハザードマップを実際に見て避難した
という方がどれくらいいるかというと、まだまだ少ないのかもしれません。

各地域のハザードマップは
浸水などの被害があった地域と重ね合わせると
ほぼ予想区域と一致するといった有能なマップ

ということが既に分かっています。

自分の地域が本当に大丈夫かどうかは
確認しておいた方がいいと思うので

是非、この機会にハザードマップの確認をしてみて下さい。


自分の住む地域に近い河川を選択すると
河川が氾濫し洪水や浸水した場合の区域を
色分けして地図に表示されます。

・北海道の洪水浸水想定区域