2018台風25号最新進路予想!九州福岡と佐賀長崎や大分の上陸はいつ

2018年の台風も台風25号と
昨年に比べると異常な発生件数です。

日本列島にも続けて近づくといった
本当にやめてほしいですね(汗)

今回の2018台風25は
台風24号に比べると勢力は若干劣るものの
非常に強い台風となっているので十分注意が必要です。

最新進路予想では暴風域直撃とはならないコースですが

九州北部の福岡と佐賀長崎や大分も
強風域には入ってくるはずなので風と豪雨には注意が必要です。

地域が提供するハザードマップを確認し
浸水する可能性のある地域や斜面が崩れる可能性のある地域の方は
早めの避難を心がけて下さい。

 
スポンサーリンク

2018年台風25号最新進路予想

2018年台風25号最新進路予想
出典:tenki.jp

tenkijpさんの画像を見ると
2018台風25号は日本列島の北部から北海道ををかすめていく形で
北上していく進路予想となっており

2018年10月6日(金)~10月8日(月)にかけて日本列島を縦断します。

九州福岡と佐賀長崎や大分は強風域に入る地域も多いので
十分注意して下さい。


2018台風25号の九州福岡と佐賀や大分への上陸はいつ

上記で解説2018年10月6日(金)~10月8日(月)にかけて日本列島を縦断します。

九州北部の福岡と佐賀と大分は
10月6日の15時に強風域が直撃するコース
となっています。

暴風域には入らない地域も多いですが
どこの地域で豪雨になってもおかしくありませんので注意が必要です。

6日の昼には雨風が強くなることを考えると
6日の朝には避難を済ませておいた方が良い
でしょう。

特にハザードマップにて
浸水する可能性のある地域と斜面が崩れる可能性のある地域の方は
早めの避難をするようお願いします。

今年の台風は各地で暴風と浸水
また大規模な停電などが起こっていますので
危機感を高めて自分の地域が大丈夫かどうかはしっかり確認しましょう。
(ハザードマップは下記の項目で紹介)

 
スポンサーリンク

福岡と佐賀や大分のハザードマップ

各都道府県各地域では
洪水浸水想定区域図(ハザードマップ)が提供されています。

過去に被害にあった場所と
洪水浸水想定区域図を重ね合わせるとほぼ一致する
といったかなり有能なマップとなっていますので

今までに見たことが無い方は是非見ておいて下さい。

・福岡県の洪水浸水想定区域図

・佐賀県の洪水浸水想定区域図

・長崎県の洪水浸水想定区域図

・大分県の洪水浸水想定区域図