1ヶ月前の台風では千葉県に大きな被害をもたらした台風ですが、今回の2019台風19号はそれを凌駕する大きさと勢力の台風です。

関西も暴風圏に入る地域もあるので十分に注意と準備が必要になります。

暴風圏に入らない地域であっても、予想進路では関西はかなり近い所を台風19号は通ることになっていますので、暴風と豪雨の両方に注意が必要です。

では、2019台風19号の予想進路と、いつ関西に上陸するのか見ていきましょう。

 
スポンサーリンク

2019台風19号最新進路予想

2019台風19号予想進路
出典:tenki.jp

tenki.jpさんの予想進路を見ると、2019台風19号は関西や中部地方の下から日本列島に接近し、関東を直撃してそのまま北東に進む予想進路となっています。

2019年10月12日(土)~13日(日)にかけて日本列島の一部を縦断する形です。

非常に大型で勢力も猛烈な台風のため、早い段階で避難先に避難しておくことが重要です。十分に注意して用意を怠らないようお願いします。


2019台風19号の関西大阪と兵庫や京都和歌山の上陸はいつ

上記で解説下通り、2019台風19号は2019年10月12日(土)~13日(日)にかけて日本列島の一部を縦断します。

関西の大阪、大阪と兵庫や京都、奈良、和歌山への接近は12日(土)15時頃が最も接近する進路予想となっています。

特に、奈良と和歌山は暴風域直撃の可能性が高いので、より注意が必要です。また、その他の関西地域も雨風の被害が出る可能性が十分にある台風の規模なので、油断しないようお願いします。

避難される場合は昼間には手遅れとなる可能性があるので出来れば前日から、遅くても12日の朝早くには避難してしまうのが良いです。

豪雨による浸水被害も考えられますので、各地域が公開しているハザードマップを確認し、浸水する可能性のある地域や斜面の崩れる可能性のある地域は、早めの避難を心がけて下さい。
(ハザードマップは下記項目)

 
スポンサーリンク

大阪と兵庫や京都のハザードマップ

各地域はどの地域の川が氾濫し、どの位の水位まで浸水するかといった、浸水想定区域図(ハザードマップ)を作っています。

このハザードマップを軽視している方が多いですが

今までに浸水被害の遭った場所と、ハザードマップを重ね合わせてみるとほぼ被害地域が一致するといったかなり有能なマップ

であることが分かっています。


ですので、今まで見たことが無いという方は、一度、自分の地域の河川の氾濫時の浸水想定を見ておくと良いですね。

自分の住む地域の河川名をクリックすると周辺の地図と浸水する場所が色分けされ表示されます。


・大阪府の浸水予想区域図

・兵庫県の浸水想定区域図

・京都府の浸水想定区域図

・奈良県の浸水想定区域図

・和歌山県の浸水想定区域図