今年2019年もまだ台風が続きますが、今年は千葉県が大きな被害を受けてしまいました。

ただ、今回の台風19号は千葉も直撃コースとなる進路予想になっており、またそうでない地域も超大型で猛烈な勢力と言われている台風19号なので危険度の高い暴風と豪雨に注意が必要です。

特に関東圏である、東京、千葉、神奈川、埼玉は全て直撃コースです。どんな被害が起こってもおかしくないので、避難先やハザードマップも確認しておきましょう。

 
スポンサーリンク

2019台風19号最新進路予想

2019台風19号予想進路
出典:tenki.jp

tenki.jpさんの予想進路を見ると、2019台風19号は関西や中部地方の下から日本列島に接近し、関東を直撃してそのまま北東に進む予想進路となっています。

2019年10月12日(土)~13日(日)にかけて日本列島の一部を縦断する形です。

非常に大型で勢力も猛烈な台風のため、早い段階で避難先に避難しておくことが重要です。十分に注意して用意を怠らないようお願いします。


2019台風19号最新進路予想の関東東京と千葉と神奈川埼玉の上陸はいつ

上記で解説した通り、2019台風19号は2019年10月12日(土)~13日(日)にかけて日本列島の一部を縦断します。

関東では12日(土)のお昼には雨風が強烈になっている可能性があります。15時~が直撃のタイミングになりますので、注意して下さい。また、今回の台風19号は速度も遅く、被害が拡大しやすいため、避難先へは早めに避難しましょう。

関東には昼間には台風が直撃する進路予想となっているため、12日の朝早い時間帯までに避難所へ移動してしまった方がいいです。出来るなら前日から避難所へ移動してしまうのが良いでしょう。

台風での被害では、手遅れになってからでは避難出来ないといった事象が起こることもあります。

過去浸水被害にあった地域では、浸水が始まってからでは避難出来ないといったことが見受けられましたので、各地域のハザードマップを確認して浸水する可能性のある地域や斜面が崩れる可能性のある地域の方は早めの避難を心がけて下さい。
(ハザードマップは下記項目にリンクを載せています)

 
スポンサーリンク

関東でも場所によっては浸水、ハザードマップの確認を

都市部が集中する関東は、あまり水害のイメージが少ないかもしれませんが、場所によっては過去に何度も浸水被害が起きています。

十分注意をしておかないと手遅れになる場合もあります。

地域によっては河川より低い土地があり、豪雨によって河川が氾濫すれば住んでいる地域が冠水することもあり得ます。

日本の各地域が作ったハザードマップは、過去の浸水被害に遭った地域と重ねてみてもほぼ一致するといったかなり有能なマップとなっています。

なので、自分の住む地域が本当に安全かどうかは必ず確認しておきましょう。


下記の関東(東京・千葉・神奈川・埼玉)浸水予想区域図では
自分の住む地域の河川の氾濫予想と
その際に浸水する可能性のある地域が色分けされます。

自分の地域付近に流れる川名をクリックすると
浸水する可能性のある地域が色で表示されます。

まだ見たことがなかったという方は
是非、この機会に見ておいて下さい。


・東京都浸水予想区域図

・千葉浸水予想区域図

・神奈川浸水予想区域図

・埼玉浸水予想区域図


浸水予想区域図(ハザードマップ)にて
浸水する可能性のある地域の方は
早めの避難を心がけて下さい。