2019台風3号最新進路予想!関西大阪と兵庫や京都和歌山の上陸はいつ【令和初台風】

さて、令和初の台風となる可能性が出てきました。

全然嬉しくない令和初ですけどね(汗)

四国南部から関西→関東にかけて
熱帯低気圧が台風に変わる可能性があります。

もちろん雨量も気を抜けないので
豪雨や大雨になる可能性も考えておきましょう。

今回の熱帯低気圧が台風に変わるとなると
台風3号になるそうです。

一応2019台風3号(仮)ということで
関西を中心に大阪と兵庫、京都の上陸がいつになるか

最新の進路予想を追っていきたいと思います。

 
スポンサーリンク

2019年台風3号(仮)最新進路予想


出典:Yahooニュース

熱帯低気圧が台風に変わるのは
九州南部を過ぎるあたりで、一気に加速して
四国、関西圏に近づく予想
となっています。

2019年6月27日(木)~2019年6月29日(木)にかけて日本列島を横断します。

関西では大阪、兵庫、京都、和歌山は
暴風域に入る可能性もあるので注意して下さい。

特に進路予想からは南部が要注意で
和歌山は直撃コースになる可能性もあります。

暴風域に入らないからといって
豪雨での水害に見舞われる可能性もあります。


昨年の水害も酷いものだったので
十分注意をしておいて下さい。


2019台風3号の関西大阪と兵庫や京都、和歌山の上陸はいつ

上記で解説したとおり台風3号は
2019年6月27日(木)~2019年6月29日(木)にかけて日本列島を横断します。

関西の大阪と兵庫や京都、和歌山は
2019年6月27日の深夜0時前後に上陸する

進路予想となっています。

27日の夕方から夜には
雨風が強くなっている可能性があるので

地域によっては豪雨になる可能性も十分あります。

予め準備は怠らないようにしましょう。


大阪と兵庫や京都のハザードマップ

各地域はどの地域の川が氾濫し
どの位の水位まで浸水するかといった
浸水想定区域図(ハザードマップ)を作っています。

このハザードマップを軽視している方が多いですが

今までに浸水被害の遭った場所と
ハザードマップを重ね合わせてみると
ほぼ被害地域が一致するといったかなり有能なマップ

であることが分かっています。


ですので、今まで見たことが無いという方は
一度、自分の地域の河川の氾濫時の浸水想定を見ておくと良いですね。

自分の住む地域の河川名をクリックすると
周辺の地図と浸水する場所が色分けされ表示されます。


・大阪府の浸水予想区域図

・兵庫県の浸水想定区域図

・京都府の浸水想定区域図