ドンキ激安ノートPCスペック

ドンキことドン・キホーテが
激安ノートPC「MUGA ストイックPC」を発売すると発表した。

その価格1万9800円(税別)とかなり安い。

しかし、安いだけでは納得しないのが
現代のノートPC需要でもあるだろう。

なので、この記事ではドンキの激安ノートPCと
その他ブランドの激安ノートとの価格やスペック
重量などを比較して使えるか考えていきたいと思います。

Sponsored Links

 

ドンキ発売の激安ノートPCのスペックは?

ディスプレイの大きさと解像度

ディスプレイの大きさは14.1インチでフルHD(1920×1080)
と外で使うノートPCとしては使っている人が多いと思われる
大きさと解像度。

解像度はフルHD以上の解像度のノートPCも最近では珍しくないが
正直、解像度はフルHDで十分。

これ以上綺麗なディスプレイが搭載された所で
14インチの画面で見れるものなど限られている。

4Kテレビで大画面で映画が見たいなどとは全然用途が違うと思うので
作業したり、ちょっとしたサイトや動画を見るくらいなら十分のスペック。

 

OSとCPU

OSはWindows 10 Homeで
CPUはATOM x5-z8350プロセッサ(1.44GHz)

OSはWindows 10 Homeと最新のものなので
特に問題ないかと。

CPUですが、タブレットPCなどにも搭載されてることが多い
ATOM x5-z8350。

スペックとしては重たい処理を求めなければ
十分に動くスペックと言える。

CPUでPCの値段はかなり大きく左右されるので
このドンキの激安ノートPCが安価で収まっている要因のひとつでもある。

Sponsored Links

 

メモリと容量(ストレージ)

メモリは2GBで容量は32GBのeMMCストレージ。

正直、このメモリとストレージの容量で
が一番問題になってきそうな部分である。

メモリ2GBは最近のノートPCでいえばしょぼいが
激安ノートPCやタブレットPCやで言えばたまにあることですね。

だがメモリ2GBは今のPCではやはり
少なすぎる気がする。

せめて4GB欲しいところ。

ストレージもeMMCでHDDよりかは早いが
高速のSSDには敵わない。

容量も32GBと少ない。

メモリとメインストレージが少ないので
多少でも無理をすると、動作が鈍くなる可能性もある。

激安ノートPCは
基本メモリ4GB、ストレージも64GBが多い。

これを半分にカットしているということも
販売価格の安さに繋がっていると思うが
出来ることが極端に限られそう。

安さが売りなので、しょうがない気もするが。

外出先でネットサーフィンや
オフィスソフトでの記事作成やメール作成など
そういった使用目的ならなんとかいけそう。

デザインソフトや動画編集など行うには
厳しいと言いざる得ない。

やはり注意したいのはストレージの32GBということだろうか
さすがに32GBは少ないので、OSとインストールするソフトが
容量を圧迫する可能性がある。

なので、あまり無理に色んなソフトは入れない方がいいだろう。
OSのアップデートなども考えると
10GBは余力を残しておきたいので

実際に使えるストレージはかなり限られると思われる。

そういった一面を考えると
やはり動画など大きな容量を保存するのには向いていない。

作業用のオフィスファイルなどの
容量の小さいファイル保存だけに留めておきたいところ。

 

重量と薄さ(サイズ)

重量は1200グラム
サイズは329(幅)×219(奥行き)×20(高さ)

重量は1200グラムとかなり軽い。

Apple製のMacbook Airの13インチでさえ
1350グラムあるので、重量はかなり軽い部類
と言える。

軽さだけ追求すればもっと軽いものはあるが
軽さを追求したPCではないと思うので、特に問題ないだろう。

14.1インチの「MUGA ストイックPC」だが
ディスプレイの大きさも考えるとかなり軽い。

薄さに関してはMacbook Airの17mmに軍配が上がるが
最近では15mm程の薄さのノートPCもあるので
20mmはそこまで薄いという訳ではなさそうだ。

ただ、Macbook Airの17mmと3mmしか変わらないという意味では
十分な薄さ
と言えるだろう。

軽さもかなり軽いので
持ち運びには十分の薄さと重量のノートPCとなっている。

 

その他の機能やインターフェース

無線LANはIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)
Bluetooth4.0やインカメラに内蔵スピーカーと

USB3.0端子、USB2.0端子、Mini HDMI端子
イヤフォン端子を各1個ずつ。

今のノートPCでは必要最低限といったところ。

またKingsoft製のオフィスソフトも
最初から入っているのでWordやExcelの編集も行えます。

元からハイスペックPCが売りではないので
簡単な作業などをこなせる激安ノートPCがとしては
十分だろう、なにせ価格が安すぎるので十分過ぎると言ってもいいだろう。

 

デザイン

価格がかなり安い割にはデザインは意外と高級感ある感じに仕上がっている。
ディスプレイの大きさの割に無駄が少ないし、キーボードとタッチパネル付近も
最近のハイスペックノートと見違えるくらいデザインは良い。

外面は今のところ分からないが
これも大きいと思う。

正直激安ノートPCはデザイン面が絶望的なものが多いので
2万円でこのデザインと薄さ(サイズ)は嬉しい。

 

その他ブランドの激安ノートPCのと比較して使える?

このドンキの発売する「MUGA ストイックPC」だが
売りはやはり税別で2万円切る安さだろう。

税込みでも2万円弱と安すぎる。

購入を考えている方もやはりこの安さに惹かれてのことだろう。

その他のブランドの激安ノートPCを見ても
3万円を切るものはあるが2万円弱で買えるノートPCは皆無である。

スペックやデザイン面を見ても十分購入検討していい激安PCだと思う。
ただ、出来ることは限られそうなので、自分がどんな作業をPCのでしたいのかは
考えておく必要がありそう。