ファミマのレジ袋有料化が発表されましたが、2020年7月から導入予定となっています。そんなファミマのレジ袋有料化ですが、毎日コンビニを利用している方であれば、チリツモで財布に負担になる可能性もありますね。


ファミマのレジ袋有料化はいつから?導入は7月予定

ファミリーマートは2020年7月からレジ袋有料化を決定しています。

かなり前からスーパーでもレジ袋有料化の動きはありましたので、今後ファミマだけでなく大手コンビニ、スーパーはレジ袋有料化の流れになると考えて良いかもしれませんね。


ファミマレジ袋有料化の値段は?大きさで変わるのか

ファミマのレジ袋ですが、今の所値段は発表されていません。ですが、スーパーではかなり前からレジ袋有料化の動きがあるので、スーパーのレジ袋の値段から予想していきます。

■大手スーパーのレジ袋の値段
イオン 小サイズ3円、大サイズ5円
マックスバリュー 小サイズ3円、大サイズ5円
イトーヨーカドー 2円
西友 Mサイズ2円、Lサイズ3円

大手スーパーのレジ袋有料化の値段を見ていきましたが、2円~5円となりました。袋のサイズによっても値段は少し変わるようですが、どのスーパーも大差はない感じです。

これらの値段を見た限り、ファミマのレジ袋の値段も2円~5円くらいになりそうな感じですね。袋を使う数で考えるとスーパーよりコンビニの方が多いと思われますので、大量発注によってコストカットできるならスーパーより安くなる可能性も少しだけありますね。


毎日ファミマを利用する場合1年でかかる値段

毎日コンビニを使っているという方もそれなりにいると思うので、1年レジ袋を書い続けるとどれくらいの値段になるのか計算していきます。

毎日ファミマでお弁当などを購入して使っている方が、1日1回レジ袋を購入すると仮定して、レジ袋を3円計算で1年過ごすと

3円 × 365日 = 1095円

1日1回コンビニを利用するという仮定でレジ袋3円計算で算出していますので、1日に2回使う方は2190円になりますね。チリツモですが、10年レジ袋を買い続けると1万円を越しますし、馬鹿にできませんね。


コンビニ無人化でレジ袋廃止もありえる

海外ではAmazon GOなどの完全無人のコンビニが登場し、日本でも試験的に導入されるようになります。

導入されれば、マイバッグにそのまま商品を入れて、コンビニから出るだけでクレジットから引き落とされるということになるので、将来レジ袋は必要なくなるかもしれませんね。レジで並ぶこともなくなるのでストレスフリーでレジ袋がなくなることは非常にエコなので、メリットだらけですね。


ネットでのみんなの反応

何となく分かっていましたが、賛否は別れている感じですね。ただ「もうファミマ行かない」と言っている人たちは大手コンビニがレジ袋有料化発表したらどうするんでしょうね(笑)ブログ管理人的にはスーパーでマイバッグ当たり前になっているので、全然良いかと思ってます。


ファミマのレジ袋有料化の値段はいつから?7月導入予定まとめ

・レジ袋有料化は2020年7月導入予定
・レジ袋の値段は未発表
・スーパーでは2円~5円程度が相場
・3円計算で毎日1回コンビニ利用する人で1095円の負担
・コンビニ無人化でレジ袋のない未来も見える