春香クリスティーン引退?活動休止理由や芸能界復帰はいつ?

春香クリスティーン引退?休業理由と復帰はいつ

春香クリスティーンの無期限の活動休止が発表されました。

春香クリスティーンと言えば
バラエティでもよく見るし、政治のコメントも出来るという
柔軟性の高いタレントとして多数の番組に呼ばれていました。

現在のレギュラーはテレビ・ラジオを合わせると7本
現在進行系で売れっ子タレントというのが理解出来るレギュラー数である。

それがなぜこんな電撃的な形で
無期限の活動休止に入ったのか?

春香クリスティーン本人のコメントや
無期限の活動休止理由、芸能界の復帰がいつになるか考えていきます。

 

春香クリスティーン引退?無期限活動休止はいつから?

春香クリスティーンは2018年3月いっぱいで
芸能界の無期限活動休止を決めている。

なので、彼女の無期限活動休止は2018年4月から
ということになるので

テレビで放送されるタイムラグを考えると
2018年5月くらいには完全にテレビから消えることになる。

 

春香クリスティーン無期限活動休止のホリプロ公式コメント

「政治家好きを公言するなどバラエティ番組に出演し芸能活動をしてまいりましたが、仕事に没頭するあまり、自分のしたい勉強が思うように手に付かず、5年間在学した上智大学も中退していました。」

そしてここ数年、コメンテーターとして海外視点のコメントを求められることが多くなるにつれ、中途半端なコメントしか話せない自分に悩むようになったそうです。

1年ほど前から、欧州を中心とした海外の政治、経済、文化を学びたいという思いが強くなったといい「今後は海外の大学進学を目指し、勉学に専念するという結論にいたりました」

「応援してくださっている方々をはじめ、レギュラー番組、関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、今後とも、春香クリスティーンの応援の程、よろしくお願い申し上げます」

 

 

春香クリスティーンの無期限休止の理由は?

もしかして逮捕で休業?

春香クリスティーンを検索すると
「逮捕」というワードが出てくるので

「え、逮捕されてたの?」

「もしかして逮捕で休業に追い込まれたのでは?」

とか考えてしまいますが
彼女が逮捕された理由ですが

そもそも逮捕されてません。

逮捕というのは
フジテレビの「人気芸能人にイタズラ!仰天ハプニング100連発」
という番組内のドッキリ企画による

偽逮捕劇によるものです。

要するに、春香クリスティーンがひったくり犯人に仕立て上げられ
番組内で犯人として逮捕されるというドッキリ企画です。

もちろん彼女は何もしてないし、逮捕もされていません。

パトカーの後部座席に連れられ
尋問を受け続ける彼女は途中から泣き出してしまうという始末。

政治オタクである春香クリスティーンのカバンからは
新聞が発見され、何故か政治的な思想犯ではないか?

というひったくり犯から思想犯にされるという謎展開。

彼女のガチの泣き姿を見た視聴者からは
「かわいそう」などと批判の声が殺到したようです。

ということで

春香クリスティーンは逮捕されていません!

 

政治家になりたい!?

春香クリスティーンの引退や休業説が浮上する度に
言われてきたのは彼女の政治家への転身。

しかし、政治家といえば
かなりのお金もかかかるし知識も必要です。

政治オタクだからと言って
いや、政治オタクであるからこそ
その道が非常に厳しいことであることは理解しているだろう。

なので、仮に政治家を目指しているとしても
その為の留学や進学と言った方が可能性は高そうだ。

なので、彼女自身が「政治家になりたい」
と発言している所は確認されていないし

やはり政治オタクの域を出ないはずだ。

どの業界でも関わる側とオタク側では全然違うのだ。

漫画が好き=漫画を描きたい

ではない

ファッションが好き=服を作りたい

ではない

政治が好き=政治家になりたい

ではないので

やはり彼女が現時点で政治家への転身という線は薄そうだ。

 

新しいことをやりたい→海外留学

春香クリスティーンの芸能界無期限活動休止理由は
本人のインタビューによると

「新しいことをやりたい」

ということらしい。

そして

ここ数年、コメンテーターとして海外視点のコメントを求められることが多くなるにつれ、中途半端なコメントしか話せない自分に悩むようになった

 
元々政治オタクとしてそのキャラを確立していた
春香クリスティーンですが

これが彼女の本音のようですね。

春香クリスティーンはかなり真面目らしく
中途半端だったり両立出来ないことをよく思わない性格のようだ。

上智大学を中退した理由にしても
芸能界に入ってする消えるだろうと思っていたが
続ける内に中途半端はできない、と中退を決めたそうだ。

テレビ・ラジオのレギュラーを手放してでも
新しいことに挑戦しようという姿勢が本当に真面目ですよね。

仕事がもらえないタレントが沢山いる中で
この決断の意味は当人にしても理解出来る部分だと思います。

それでも中途半端なコメントしか出来ない自分に悩みを持ち
しっかりと勉強したいという方が上回った、ということですから。

芸能界にいて、レギュラーを捨てて
この判断が出来る方がどれくらいいるのでしょうか?

むしろ、タレントとしては間違った判断
と業界のでは思う方もいるかもしれませんね。

公式コメントにもあるように

1年ほど前から、欧州を中心とした海外の政治、経済、文化を学びたいという思いが強くなったといい「今後は海外の大学進学を目指し、勉学に専念するという結論にいたりました」

 
と言っているので
欧米の大学に留学する可能性が非常に高いですね。

 

アッコにおまかせ!への春香クリスティーンのコメント

16歳の時に単身来日し、憧れのホリプロに入ることができました。
その後「アッコにおまかせ!」の出演者として自分が立つことが出来たり
今思えば奇跡のような時間が続いてきました。

アッコさんをはじめ、皆さんとても心が広く勉強されていて
日々努力していらっしゃいました。

休業という時間を与えていただき
広い世界を学び吸収し、一人前の大人に少しでも近づけるように頑張ります。

 
といったコメントが「アッコにおまかせ!」11月19日の放送でありました。

和田アキ子自身も春香クリスティーンと電話したようで
やはり「勉強したい」が彼女の本音とのことだ。

 

春香クリスティーンの芸能界復帰はいつ?無期限活動休止はいつまで?

ヨーロッパ圏で留学することを前提に話しをすると

春香クリスティーンが
入学が決まっているようなニュアンスのコメントは無いですが
ヨーロッパ圏の大学は入学は9月です。

更に、ヨーロッパ圏は高校卒業資格だけでは
入学出来ない大学が多く

日本の大学でファンデーションコース(大学進学準備コース)
を1年経ての海外留学となる。

なので、春香クリスティーンが
もう今年の春に日本の大学入学を決めていたとしても

ヨーロッパ圏での留学は2019年9月からということになる。

ヨーロッパ圏の大学は3年制が基本なので
向こうの卒業の時期を考えても2021年6月前後に卒業。

ということで

2018年の4月に日本の大学入学を決めているという前提であれば
2021年6月以降に芸能界復帰する可能性が出てくる。

もし2019年4月に日本の大学に入学する場合は更に1年遅れで
2022年6月以降に芸能界復帰する可能性があるということになる。

ただ、卒業後即復帰というのも無理だろうから
9月以降など年末になる可能性の方が高いと思われる。

それらを考慮すると

4年後の場合は
2021年9月以降に芸能界復帰

5年後の場合は
2022年9月以降に芸能界復帰

ということが予想される。

 

春香クリスティーン芸能界引退の可能性は?

引退、あると思います。

現時点では春香クリスティーン自身に
芸能界引退の意思は無いように思える。

「アッコにおまかせ!」のコメントでもあるように

「休業という時間を与えていただき」

という書き方をしている。

これは復帰する意思があるように感じられる。

やはり、今回留学することにもなった
政治関係番組でのコメントの悩みなどを考えると

海外の政治の知識などをしっかりと付けた上での
政治学者としての芸能界復帰を考えているのだろう。

政治オタクとして確立したタレントポジションは
彼女のルックスと相まって、他の誰かにやらせることは出来ないだろう。

政治に詳しい美人タレントって貴重ですからね。

なので、4、5年後に復帰することを考えているのだろうが
問題はその時間を芸能界が待ってくれるかどうかだ。

春香クリスティーンの真面目さは素直に関心しか出来ないが
4、5年後に戻ってきた彼女に仕事があるかどうかは全く別の問題だ。

バラエティ番組にも多数出演していたが春香クリスティーンだが
4、5年後ともなると彼女は30歳になっている。

復帰してもバラエティでの仕事が無い可能性も十分あるし
政治関係のコメンテーターとしても使われない可能性も十分ある。

彼女の若さと美しさ
そして政治オタクというギャップはそれくらいの力は持っていただろう。

それが30歳となった彼女が他の政治学者と並んで
コメンテーターとして仕事を出来るかと考えると微妙である。

なので、復帰時にタレントとして再復活出来るか
に全てかかっていそうだ。

世間からタレントしても面白いと色んな番組で
使われるような存在として復活出来れば
もちろんコメンテーターとしての仕事も増えるだろう。

逆にコメンテーター一本で仕事をするのはかなり厳しいように思える。

芸能界でタレントとして仕事がもらえなければ
そのまま引退、なんてことになる可能性もありそうだ。

おすすめ記事と広告