吉本の闇営業事件で
宮迫博之と田村亮の記者会見が開かれ
吉本の岡本社長も記者会見を強いられることになりました。

加藤浩次は岡本社長の記者会見当日の
朝の情報番組スッキリで、怒りを顕にして

岡本社長らの対応が変わらなければ
吉本を辞める可能性があることを話しました。


岡本社長の会見が開かれた訳ですが
質問には言い訳ばかりで聞きたい回答に
いつまでたっても辿り着かないという

記者たちが終始イライラする
誰が見ても残念な記者会見でした。

これを加藤浩次も見ているはずなので
加藤浩次は吉本興業を退社する可能性が
より高くなる
とブログ管理人は感じました。

 
スポンサーリンク

スッキリで加藤浩次が語った怒りの内容

「宮迫さんは先輩とはいえ、先輩として、先輩だからそこまで敬語を使わない存在、敬語を使わなくても別に宮迫さんもOKを出してくれる存在。

さらに亮に関しては7丁目劇場で僕らが20代のころに一緒にやってきた人間で、こういった姿、本来はお笑いをやらないといけない人間たちが、涙を流しながら、会見をやらないといけない。
これは本当に悲しくて、辛かった、それとともに会社に怒り、ぼくはそれを覚えました。

ぼくはこんなところまで追い込んでしまったんだ、会社でやる会見を拒否されて自分たちでいろんな人たちに連絡して場所を借りてここまでやってしまう状況まで会社が追い込んでしまうことに、本当に憤りと怒りを感じています」

「大崎会長にも責任がある。役員も変わらなければいけない」と批判は人事にまで及んだ。

「(会長の)大崎さんと(社長の)岡本さんを怖がっている。この体制が続くなら俺は辞める。この取締役が変わらないなら辞める」


加藤浩次が吉本を辞める、退社濃厚

加藤浩次は吉本興業の岡本社長の会見当日
スッキリで怒りを顕にしていました。

「(会長の)大崎さんと(社長の)岡本さんを怖がっている。この体制が続くなら俺は辞める。この取締役が変わらないなら辞める」

これは岡本社長の会見の内容で
ほとんど決まると言っていいでしょう。

しかし、岡本社長の会見の内容は
素人目から見てもほんとに酷い
ものでした。


事務的な内容にはすらすら答えるくせに
宮迫博之と田村亮の会見で語られた

岡本社長の脅しとも取れる発言を追求されると
歯切れの悪い回答と言い訳ばかり。

岡本社長はこの日、すべての吉本芸人から
信頼を失ったかもしれないですね。


吉本に所属する芸人たちは
岡本社長自身のこんな保身姿は
誰も見たくなかったでしょうし

何より、宮迫博之と田村亮が
涙を流して真実を語ったのに

自分たちをファミリーと語っていながら
会社のトップがこれでは

もはや信用は地に落ちたのは明らかです。


加藤浩次はスッキリでも見せた発言のように
情に熱い人間だと分かるので

宮迫博之と田村亮の涙の会見を見た後で
岡本社長の歯切れの悪い会見を見て

更に怒り沸騰という感じでしょうか。

加藤浩次は少なくても
宮迫博之と田村亮の会見に
応えられる誠意ある内容

そんな会見を望んでいたでしょう。


それが保身からくる言い訳ばかりの内容
見るに堪えない会見となったわけですから

加藤浩次は発言どおり
吉本興業を辞める、退社する可能性が
十分にありそうです。

加藤浩次が望んでいるのは
岡本社長らの若手を怖がらせる
そんな体制の改善と言っていましたが

ここまで信用を失墜させた岡本社長には
当然、そんなこと望めませんよね。

スッキリでの加藤浩次の次の発言に要注目です。


スッキリ加藤浩次の発言、ネットの反応