MacBook Pro Touch情報!キーボードとTouch Bar

さて、Macユーザーなら当然気になる
「MacBook Pro Touch」なる新型MacBookが発売されるようで

そのコンセプト動画があがってきた訳ですが
やはりMacだけあってデザインは美しいです。

ただ、やはり気になるのはタッチ部分の性能なんですよね。

Macbook Proにも搭載されていたTouch Barですが
使いにくいということでTouch Barなし
の方を使うユーザーも多かったようです。

ノートPCのキーボード部分にタッチ機能はいるのか?

というのがユーザーにとっても重要となってきそうですが
今回キーボード全てをタッチキーボードにするといった
前衛的近未来的な試みはユーザーに受け入れられるのでしょうか。

ちなみにブログ管理人は
Macbookを持っていた時期もありましたが
結局はゴリゴリのWindowsユーザーに落ち着きました。

 
スポンサーリンク

MacBook Pro Touchのコンセプト動画

やはり無駄に洗練されたこのデザインこそMacですね(笑)

持っているだけでカッコいい感じさえある
そんな風潮を作ってしまったからこそ
Macbookに憧れ買っちゃったなんて方も多いはずです。

動画を見る限り、やはりキーボード部分全てがタッチになっており
キーボードの凹凸はないように見えますね。


MacBook Pro Touchのタッチキーボードのメリット・デメリット

MacBook Pro Touchですがキーボード部分全体を
タッチにしたメリット・デメリットを考えていきます。

普通に考えれば
やはりMacBook Pro Touchハード自体を
薄くすることが出来ることでしょうか。


物理キーボードを搭載すると
どうしてもキーボードのパネル分の厚みが出てしまうので
パネルを全てタッチキーボードにするということは

MacBookが薄くなるといったメリットが出てきそうです。

やっぱり薄いと持ち運び便利ですからね。

Macbookシリーズを持っている人
特にairを使っている人は薄さと軽さを重視していると思います。

ただ、タッチパネルがどの程度の重さになるか分からないので
重くなるか軽くなるかは微妙ですね。

もしかしたら重くなる可能性すらあるかもしれませんね。


あとは、トラックパッドがなくなった所ですかね。

これは人を選びそうですが
トラックパッドは使わない人もいると思うので
マウス派の人にとってはデザイン的にも嬉しい所ですね。

トラックパッドの役割は
タッチキーボード部分で代用出来るようになっているのだとか。

ただ、トラックパッドを使っていた方は
かなり不便に感じる可能性もありますねここは。


デメリットとしてはやはり
キーボードの打鍵感ですよね。

タッチ式キーボードが
物理キーボードの使いやすさに勝てるとは
正直、考えられません。

Appleはこのタッチキーボードに
本物のキーのような感触を再現する技術の特許を申請をしたらしいですが
結局は本物ではないわけです。

技術的にはiPhoneの3D Touchに近いらしいです。
(あの画面を押し込む謎機能)

iPhoneでは使っている人はどれくらいるか微妙ですが
使いこなすと沢山のショートカット機能があり
意外と便利な側面もあるiPhoneの3D Touchですが

その機能が本物のキーボード打鍵感の再現に使われているようです。

そこまでしても、やっぱり物理キーボードには
勝てないと思うブログ管理人ですが

もし私がキーボードをタッチ式に乗り換えるのであれば

MacBook Pro Touchと一緒に
Macのデスクトップキーボードも同じものにします。
(今後売るのかどうか分かりませんが)

デスクトップで物理キーボードを使っているのに
MacBook Pro Touchでタッチキーボードを使っていると
言い切れますが、絶対にタイピングの感覚狂います(笑)

これは仕事でタイピングが多ければ多い程言えるでしょうが
デスクトップとノートのキーボードは
出来る限り同じ規格のものを使いたいですよね。

 
スポンサーリンク

MacBook Pro Touchのタッチキーボードはあり?なし?

ブログ管理人としては、今の所は圧倒的になしです。

見た目カッコいいだけで買って
後々後悔したことが今まで何度あったことか。

結局、PC周りで最終的に必要なのって
デザインより機能と使い心地なんですよね。
(もちろんデザインも大事ですが)

デザインだけが先行するとユーザーが受け入れてくれない。

実際、MacBook Proに搭載されたTouch Barがそうでした。

もちろん便利と思って使っているユーザーもいるとは思いますが
いらないと感じたユーザーが多かったのは間違いないでしょう。

しかも、このタッチキーボード部分が
トラックパッドの役割も果たしiTunesなど
音楽の操作も出来るようになっているのだとか。

管理人が感じたのは

「その操作タッチパネルでする必要ある?」

ということです。

iTunesなんて作業の裏で音楽流したりするものだし
頻繁に音量変えたり曲変えたりするものでもないでしょう。

「タッチで簡単に曲や音量も変えれます」

とか言われても全然魅力的じゃないんですよね。

それ普通に画面のiTunesでやればいいじゃないですか(汗)


MacBook Pro Touchの(新)Touch Barについて

動画を見る限り、キーボードの上に新たな領域が出来ていて
そこにバックグラウンドで動いているアプリなどを操作出来る可能性があります。

その領域の上にTouch Barがある感じですかね。

このアプリなど表示されている部分から
Touch Barまでの部分を仮に新Touch Barと呼ぶとして

新Touch Barがどれくらい便利かは
使ってみないと分からない部分もありますのでなんとも言えないですが

この部分でこのMacBook Pro Touchの評価は大きく変わってきそうです。

この新Touch Barがあまりにも便利だとユーザーが感じるなら
もちろん評価されるでしょうし

使えないゴミ領域と化す場合もありえるので
その場合は「MacBook Proでいいよね」となりそうです。

結局はやっぱり使ってみないと分からない部分も多いですが
タッチキーボードもそうです。

使ってみると使いやすい可能性もありますので
今後、MacBook Pro Touchが発売され次第
口コミや評価など追っていきたいと思います。


MacBook Pro Touch情報まとめ

・キーボード部分が全てタッチに
・打鍵感があるタッチキーボードの特許申請
・物理キーボードの使いやすさには勝てるとは思えない
・タッチキーボード部分でトラックパッド機能をカバー
・新Touch Bar領域についてはまだ分からない