オリオン座流星群2018の関西大阪と京都や兵庫の時間と見頃ピークは

本日、2018年10月21日の深夜
10月22日未明頃から見られると予想されている
オリオン座流星群2018ですが

関西、大阪と京都や兵庫で
どの時間帯で見頃やピークを迎えるか

どの方角、方向でしっかり見えるのか
書いていきます。


今年を逃すとオリオン座流星群は
数年は見られない
と言われていますので
是非、2018年は見ておきたい流星群ですね。

 
スポンサーリンク

オリオン座流星群2018の関西大阪と京都や兵庫の時間と見頃ピークは

オリオン座流星群2018の
関西は大阪と京都や兵庫の時間と見頃のピークですが

10月21日の深夜~です。

日付で言うと

10月22日AM2:00~明け方頃まで

に見られると予想されています。

AM2:00ですがまだ月が残っている可能性もあるので
万全を期すならAM3:00が良いかもしれませんね。


今年のオリオン座流星群2018が深夜~明け方しか見れない理由は
月齢と呼ばれる月明かりが大きいため
です。

要するに、月明るくて流星の光が見にくくなるので
月が沈むまで待てば普通に見れる、ということですね。

あとは曇りがなく晴れているかどうかだけですが

10月21日は昼間から空も快晴で、深夜も晴れ空となる見込みで
関西圏の大阪と京都、兵庫も高確率で見れる
そうですよ!


月曜から仕事という方も多いかもしれませんが

今年を逃すと数年はお預けとなるので
是非、この機会に見ておきたいですね!


オリオン座流星群2018の関西大阪と京都や兵庫の方角方向は

オリオン座流星群2018を関西大阪と京都や兵庫で見るための方角方向ですが
東南東(ピーク時はかなり真上に近い位置)で見れます。

東南東は
東と南東の間の位置する方角ですね。

要するにほぼ東のほんのちょっと南よりって感じです。

ただ、地球は1時間に15度自転していますので
星座の位置や流星群の見える位置も変わってくるので注意です。


また、オリオン座流星群2018もそうですが
星や流星群を見るために絶対に必要なことがあります。

めちゃくちゃ暗い街灯などない場所で見ることです。

出来る限り開けた山手の街灯のない場所を確保するのが良いです。

いくら見頃のピーク時間や方角方向を知っていても
近くに街灯や光があっては空の星々は見えません。

近くに街灯がひとつあるだけでも見え方は天と地の差があります。

はっきりくっきりオリオン座流星群2018を見たい方は
是非、街灯のない暗い空の見える場所を確保しましょう!