2019年7月19日から放映される
「天気の子」ですが

ブログ管理人は朝9時の
一番早い時間帯で早速見てきました。

ブログ管理人の感想や
アニメのクオリティなど客観的な評価など

ネットの評判も見ていきます。

 
スポンサーリンク

「君の名は」が好きな人は期待しすぎてはいけない

新海誠監督が大きく露出したのは
誰もが知っている前作「君の名は」な訳ですが

古参の新海誠監督ファンからすれば
ずっと前から評価されていた監督ですし

「君の名は」の世界観は
大衆向けに作られすぎていて

ずっとファンだった方は
あまり評価を高く付けない人も
多かった印象があります。

ブログ管理人個人としては
かなり面白かったですし好きな作品です。

そういう意味ではやはり
多くの方が面白いと感じるのが
「君の名は」だったわけですが


そんな今回の新海誠最新作
「天気の子」は新海誠監督らしいと言えば
新海誠監督らしい作品でした。

今回も主人公帆高とヒロイン陽菜が
ボーイミーツガールするお話なのですが

最後まですべてがハッピーエンドではないというか
少しスッキリしない部分も残されていて

しっとりと終わる感じも
新海誠作品っぽさを感じる部分でもありました。


前作「君の名は」が
かなり分かりやすい作品だっただけに

「君の名は」から新海誠作品を
見出したファンにとっては
もしかしたら賛否が分かれるような

そんな作品になっているかも、しれません。

ただ、そんなしっとりとした
新海誠ワールドが好きな方には
良い方にはこっちの方が良いって方も

いるとは思います。


CMでやっているカップラーメンやスポンサーがそのまま登場

日清カップラーメンのCMで

「2分がうまいんだよ」

なんてCMが流れていますが

こんなシーンほんとにあるのか
と思っていたのですが

普通にありました(笑)


他にもローソンのからあげクンだったり
スポンサーの商品がパッケージそのままで
出てきたりするのでリアル感あります。

最近はアニメやゲームのスポンサーに
コンビニなどが入っていて

リアルと全く同じ看板や商品が見られる
というのは割とよく見る光景になってますが

何か、自分がよく目にするものが
虚構の世界でも見れるとうのは

非現実感があって嬉しいんですよね。


天気の子の評価

美しい背景

新海誠監督作品ということで
相変わらず背景や風景は美しく

光の表現と天気の表現など
リアリティ溢れる美しさでした。

本当に美しいです。


ちょっと気になったのは
花火のシーンで、ビル群のモデリングが
若干雑に感じたことですかね(笑)

作品もギリギリまで作られていたということで
間に合わなかった感あります。

ただ、気になったのはその部分だけで
アニメをあまり見ない方なら気にならない程度の
問題かもしれませんが。


声優とキャラクター

声優については最近では当たり前になった
本業で声優をやっている人を起用するのではなく
芸能人を起用する感じのキャスティングで

アニメも人を集めないことには
結果を出さないことには始まらない
ということでしょうか

個人的には声優オーディションで決めて欲しい
といった心の声もありますが


・主人公森嶋帆高CV:醍醐虎汰朗
・ヒロイン天野陽菜CV:森七菜

この二人は俳優女優として年齢若く
今後、俳優女優としてもネクストブレイクが
期待されている若手です。

声優としてうまいかと聞かれると
そうでもないかもしれませんが

こういった人気監督作品の
主人公・ヒロインとしての声としては
違和感ないくらいには演技されていて

むしろ、若々しさとか
初々しさとか出ていてすごく良かったです。


・須賀圭介CV:小栗旬
・夏美CV:本田翼

須賀圭介役の小栗旬ですが
さすがとしかない演技力でした

声優と俳優って似ているようで
全然違うジャンルだと思うのですが

声優としても全く違和感ない演技で
最初聞いた時は小栗旬とは分からない
キャラに自然に溶け込んでいました。


逆に本田翼は、普通に下手でした(笑)

もはや、放映前の映像で
本田翼の演技が分かってしまうほど
それなりに批判もあったと思うのですが

申し訳ないですが、夏美役は
本田翼である必要性も全く感じませんでした。

「これが政治的キャスティングか・・・」

そう思われても仕方がないレベルです。


まぁ不思議なもので下手でも声って
聞いていれば慣れるので映画の後半は
そこまで気にならなかったのですが

やっぱり序盤はかなり演技浮いてた感は
否めない感じではありました。


音楽について

個人的に思ったのは

挿入歌入れすぎじゃないですかね?

ということでしょうか(笑)


挿入歌って映画の場面を盛り上げたり
感動させてくれるので重要なのですが

確か挿入歌6曲くらいあって
ちょっと乱発しすぎだろ感はありました。

最初1曲2曲流れたりすると

「今回こんな挿入歌使われてるんだなぁ」

みたいな感じで見ていたのですが

5曲目くらい流れると

「え、挿入歌多すぎない?」

「最初に流れた曲覚えてないんだけど」

みたいな感じになってました。


結局、映画終わってみればCMでも流れている
RADWIMPSの曲しか最終的に覚えていない。

そんな感じになってましたね(汗)