2018年1月28日に放送されたジャンクSPORTで
プロゴルファーの小平智が紹介した
スイング、ボール軌道解析アプリトラックマンについて書いていきます。

なんとゴルフのボールの軌道解析もここまで
ハイテク技術をお手軽に使えるようになっていたとは。

 
スポンサーリンク

小平智が紹介したトラックマンとは

元々は軍事用に開発された技術で
ミサイルを追尾するためのシステムを
ゴルフボールを追尾するものに転用したシステムがトラックマンです。

使い方は簡単でスマホやタブレットのアプリと連動し
トラックマンを後ろに置いてスイングして球を打つだけだという。

後はトラックマンがゴルフボールの軌道を
狂いなく測定、解析してくれるのだそうだ。

いや、ハイテクすぎない?

ハイテクすぎますね。

何せ、元ミサイル追尾用の軍事システムですからね(笑)

放物線を描くゴルフボールなんてお手の物という訳ですね。

ただ、こんなハイテク機器高そうですよね。

いくらするんでしょうか?


トラックマンの価格

使えるなら一般人のゴルフ好きも
トラックマンを使いたいところですよね。

ではトラックマンの価格はいくらするのでしょうか?

・・・・・

約300万円です(笑)

はい、高すぎますね。

価格見て私もビックリしました。

小平智も番組内で言っていましたが
やはり300万円。

トラックマンの公式サイト
に行って頂ければ細かい価格が分かるのですが

やはり300万円です。(笑)

正直、本気でプロゴルファー目指す方には
かなり強い見方となってくれそうですが
一般人にはなかなか手の届かないアイテムですね(汗)

ただ、一般人でも買える
お手頃な測定器も今はバカに出来ないレベルのものがありますので
ゴルフをされているなら持っていても損はないかと思います。


ゴルフ好きが常用している測定器

ゴルフをしている方でよく見かける測定器と言えば
コチラではないでしょうか。

すでにゴルフをしている方なら
持っている方も多いとは思いますが

トラックマンに比べると
かなりお手頃な価格で、以下の解析が出来ます。

・ヘッドスピード
・ボール速度
・推定飛距離
・ミート率

これらが分かるだけで
一打一打のミートなどを意識しながら打てるので
スイングの改善に役立ったと話すユーザーが多いようですね。

Bluetoothでスマホとも連動出来ますので
スマホでも数値の確認が出来るようになっています。

いやぁ、便利な時代ですね。