2018台風25号最新進路予想!関西大阪と兵庫や京都の上陸はいつ

今年2018年も台風はもう台風25号と
異常なスピードで台風を大量生産してくる太平洋。

もはや日本列島になにか恨みでもあるんじゃないかという
変化球で日本列島を毎回襲ってくる訳で
今年は台風が多く「勘弁してほしい」なんて方も多いはずです。

被災された地域の方も多くいらっしゃると思います。



今回の2018台風25号ですが
先日の台風24号には少し劣りますが
それでも非常に強い台風となっています。

関西大阪と兵庫と京都は暴風域には入らないコースとなっていますが
強風域はかすめていきますので十分注意が必要です。

特に、強風域であっても
豪雨はどの地域でも十分ありえますので注意が必要です。

各地域が提供するハザードマップを確認し
浸水する可能性のある地域、斜面の崩れる可能性のある地域の方は
早めに避難するよう心がけてましょう。

 
スポンサーリンク

2018年台風25号最新進路予想

2018年台風25号最新進路予想
出典:tenki.jp

tenkijpさんの画像を見ると
2018台風25号は日本列島の北部から北海道をかすめていく形で

2018年10月6日(金)~10月8日(月)にかけて日本列島を縦断します。

関西の大阪と兵庫や京都も場所によっては強風域
また、台風による豪雨はどこであってもおかしくないので
十分注意して下さい。


2018台風24号の関西大阪と兵庫や京都の上陸はいつ

上記で解説した通り2018台風25号は
2018年10月6日(金)~10月8日(月)にかけて日本列島を縦断します。

関西の大阪と兵庫や京都は7日の明け方に最も近づき
強風域に入る地域も多くなる進路予想となっています。

関西北部はかすめる形にはなりますが
強い風と豪雨になる可能性は十分ありますので
注意を怠らないようお願いします。


2018台風25号は7日の明け方に最も近づくということで
6日の夜中から雨風が強くなっている可能性が高いです。

なので、避難する場合は
6日の夕方までに避難しておくのが良い
でしょう。

豪雨になる可能性は十分にありますので

各地域が公開しているハザードマップを確認し
浸水する可能性のある地域や斜面の崩れる可能性のある地域は
早めの避難を心がけて下さい。

(ハザードマップは下記項目にて解説)

 
スポンサーリンク

大阪と兵庫や京都のハザードマップ

各地域はどの地域の川が氾濫し
どの位の水位まで浸水するかといった
浸水想定区域図(ハザードマップ)を作っています。

このハザードマップを軽視している方が多いですが

今までに浸水被害の遭った場所と
ハザードマップを重ね合わせてみると
ほぼ被害地域が一致するといったかなり有能なマップ

であることが分かっています。


ですので、今まで見たことが無いという方は
一度、自分の地域の河川の氾濫時の浸水想定を見ておくと良いですね。

自分の住む地域の河川名をクリックすると
周辺の地図と浸水する場所が色分けされ表示されます。


・大阪府の浸水予想区域図

・兵庫県の浸水想定区域図

・京都府の浸水想定区域図