ムロツヨシの生い立ちまとめ!母親と姉は消え父親が招いた壮絶人生

個性派俳優として幅広い層から支持されている
俳優のムロツヨシさん。

今や出演した作品は必ずと言っていいほど話題となり
俗にいう『主役食い』をすることも度々あるほどの
人気と実力を兼ね備えています。

そんなムロツヨシさんですが
彼の生い立ちや家族との関係について
気になる方も多いのではないでしょうか。

母親と姉とも会えなくなった
そんなムロツヨシの父親が招いた
壮絶人生を調査していきます。

 
スポンサーリンク

ムロツヨシの生い立ちまとめ

幼い頃に両親が離婚

まず、ムロツヨシさんの家族構成ですが
父、母、姉、ムロツヨシさんの4人家族
でした。

なぜ過去形なのかというと
ムロツヨシさんが4歳の頃に
両親が離婚
をしたからです。


当時から夫婦喧嘩が絶えなかったようで
幼いながらに両親の喧嘩の様子や
母親が家を出るときの姿を鮮明に覚えているそうです。

4歳にして母親の愛情を失ってしまうことは
とてもつらく、悲しいことですね。

父親が家を出て、両親のいない生活に

そして離婚後、親権は父親が持つことになります。

母親が親権を取れなかったあたりにも
当時の深刻さがうかがえますね。


こうして子供2人は、父親と共に生活していきますが
すぐに育児放棄状態となり、親戚の家に預けられます。

なぜ育児放棄状態になったかというと
父親は根っからの女遊びの人で
新しい彼女が出来、家に帰らなくなった
からだそうです。

一父親としては、失格ですね。


結局、幼くして両親を失ったも同然の状況になり
祖父母や父方の親戚に育てられる
ことになりました。

今のムロツヨシさんからは想像できない
壮絶な幼少期ですね。

離婚を繰り返す父親、腹違いの兄弟

そんな幼少期を過ごしてきたムロツヨシさんですが
意外にも父親と疎遠になることはなく
長期休暇の際には父親とあっていたそうです。


するとムロツヨシさんが小学校5~6年生の頃に
突然父親が再婚することを子供達に伝えました。

これだけでも十分驚きですが
さらに驚くのは、以前交際していた女性との結婚ではなく
子供を2人もうけている女性との結婚
でした。


再婚後はムロツヨシさん兄妹と同居することはなく
祖父母と暮らすアパートの隣室で暮らし始めたそうです

父親からすれば、多少は『近くにいたい』という
親心があったのかもしれませんが
親戚ら一行からしたらたまったものじゃないですよね。


このように新生活を始めた父親ですが
その後父親は再び離婚します。

理由は様々でしょうが、父親のふしだらな部分は
少なからず関係していると思われます。

もうやりたい放題ですね。


このような父親の素行に耐え切れなくなった親戚一同は
父親と絶縁し、ムロツヨシさんも父親と関係を断つことになります。

壮絶人生の中ムロツヨシは難関大学に進学

以上のように、大変な家庭環境で育った彼ですが
腐ることなく、勉学に励んでいきます。

これも支えてくれた親戚方の愛情があってのことでしょう。


努力の末、ムロツヨシさんは
神奈川県立鶴見高等学校という
偏差値57の高校に合格した
といわれています。

かなり頭が良かったようですね。


高校卒業後は、一浪の末
難関大学である東京理科大学へ進学
します。

ちなみにこの大学の偏差値は60を超えます。


家庭環境を言い訳にせず
親戚方とともに切磋琢磨された結果の学歴なのでしょう。

 
スポンサーリンク

大学を中退した理由は芝居との出会い

苦労して難関大学に合格したムロツヨシさんですが
驚くことに入学後わずか3週間で大学を中退
しています。

主な理由は、手塚治虫原作の『陽だまりの樹』を見た際
出演していた段田安則さんの芝居に強く感激し
役者というものに興味を持った
からです。


苦労して入った大学をこうも早く中退するとは
よほどの感動だったのではないでしょうか。

その後ムロツヨシさんは養成所に入り、役者の道へ進みました。

役者になるも長い下積み時代が続く

熱い情熱をもって役者の道へ進んだ彼ですが
決して甘い世界ではありませんでした。

長い下積み時代が続くことになり
小さな劇団に入っては辞めてを繰り返していきます。


安定しない生活が続きますが
決して情熱がなくなることがなかったムロツヨシさんは
熱心に活動を続けていきます。

なんでも、有名監督の飲み会に参加し
自分の名前を会話の中に何度も入れ込んで
なんとか覚えてもらおうとしていた
とか。


その結果、2005年『踊る大捜査線』のスピンオフ映画に
出演が決定します。

この出演をきっかけに出演作品が増えていったそうです。

母親は行方不明、姉とは疎遠に

先ほどの見出しでも述べましたが
4歳で母親と離れ離れになってしまったムロツヨシさん。

その後、母親と再会したことはないそうです。


現在、ムロツヨシさんは母親の顔も覚えていないそうで
手掛かりとなる写真等の私物もないそうです。

それでもムロツヨシさんは、会いたい気持ちがあるそうですが
母親に失礼というか、あまりいい時間にならないのでは
と思っているそうです。

本名を非公開にしているのも母親のためであるそうです。

とても良い息子さんといいますか
優しすぎるくらいですね。


そして、同じ境遇を経験したお姉さんですが
ムロツヨシさんとは正反対で家庭環境に影響されてしまい
俗にいう、グレてしまったそうです。

ムロツヨシさんがとても強い方なだけであって
お姉さんのようになってしまうのは普通のことだと思います。

また、ムロツヨシさんよりも5歳年上ということもあり
覚えていることも多かったのだと思います。


そしてお姉さんは、最終的に家出してしまい
ムロツヨシさんとは疎遠になってしまいました。

元気に暮らしていることを祈るばかりですね。


ムロツヨシの生い立ちまとめ

・4歳の頃に両親が離婚
・離婚後すぐに、父親が家出し親戚のもとへ
・父親は再婚するもまた離婚し、絶縁関係になる
・母親とは離婚以来疎遠になる
・姉ともその後疎遠になる
・非常に勤勉で、高学歴であるも役者の道へ
・母親は行方不明、姉とは疎遠に