ハーゲンダッツ新作2018年11月スペシャリテ ショコラシャンパンストロベリー アルコール 運転 子供 値段 カロリー


今回のハーゲンダッツ新作は
アルコールが入っているということで
少し大人な味わいが楽しめそうですね!

「スペシャリテ ショコラシャンパンストロベリー」

ということで新作限定味の名前は
ゴージャス感ありますが長いですね(笑)


しかし、ちょっと気になるのは
アルコール度数や量ですよね。

食べた時に運転していいのか
子供に食べさせて良いのかなども調査していきます。

 
スポンサーリンク

ハーゲンダッツ新作スペシャリテショコラシャンパンストロベリー味のアルコール度数と量は

ハーゲンダッツ2018年11月27日発売新作の
スペシャリテショコラシャンパンストロベリー味の
アルコール度数や量ですが

アルコール分0.6%

となっています。

過去に発売された
ショコラミント味がアルコール0.3%

今や大人のハーゲンダッツ定番の
ラムレーズン味がアルコール1.6%

となっています。


どれもお酒に比べると
かなりアルコール度数や量は抑えられており

一見、飲酒運転にはならないように思えますが
実際の所どうなのでしょうか?


飲酒運転で違反となるのは
呼気中アルコール濃度0.15mg以上0.25mg未満

もしくは0.25mg以上で更に罰則の重い違反となります。


では、今回2018年11月27日に発売された
新作スペシャリテショコラシャンパンストロベリー味の
アルコール0.6%がどうなるか考えていきます。


ハーゲンダッツ新作のアルコールで運転はOK?

実は、ハーゲンダッツ新作の
スペシャリテショコラシャンパンストロベリー味ですが

食べたすぐ後であれば違反になる可能性があります。

過去に市販で売られているアルコール検査機器で
実際に食べて呼気のアルコール濃度を調べた人がいますが

別の人が検証した結果
食べた後すぐでは最大で0.2%まで上がったというデータがあります。

これは飲酒運転違反に当たるアルコール濃度です。


ただ、検証後10分でアルコール濃度はほぼ0%となり
呼気のアルコール濃度はすぐに消失するというデータも出ています。

これは限定発売されたショコラミント味の検証で

今回2018年11月の新作である
スペシャリテショコラシャンパンストロベリー味より
アルコール%が低い商品の検証ですので

今回のハーゲンダッツ新作の場合や
ラムレーズンを食べた後は運転は危険と言っていいでしょう。


ショコラミント味で10分後に
ほぼ呼気アルコール濃度0%になるということなので

アルコールの入ったハーゲンダッツを食べる場合は
運転する30分前には食べ終えておいた方がいい
ですね。

 
スポンサーリンク

ハーゲンダッツ新作のアルコール、子供は食べられる?

2歳前後など小さいお子さんが
ハーゲンダッツのアルコール入りを
食べてしまった場合など想定して書くと

こういったアルコール入りのアイスや
お菓子を知らぬ間に食べていた、といったケースは多いです。


しかし、大量に食べない限りは
ほとんどの場合は急性アルコール中毒などの
危険な状態になることもほぼない
ようです。

ただ、顔が赤くなったり
変にテンションが高くなったりと

大人がお酒を飲んだ状態と
変わらないような状態になることもあります。


あまりに大量に食べた場合や
知らぬ間に食べていたという場合は

少しの間お子さんの状態を見守りつつ
何かしら危険を感じるようでしたら
医者に連れて行くか救急車を呼びましょう。


ハーゲンダッツ新作のアルコール度数や量で運転はまとめ

・ハーゲンダッツ2018年11月27日発売新作のアルコール度数は0.6%
・食べた後すぐの呼気アルコール濃度は飲酒運転違反になる危険性あり
・アルコール入りハーゲンダッツを食べる場合は30分前に食べよう
・子供が食べても危険な状態になることはほとんどない