良かれと思って井手らっきょの野球学校プロ入りは誰

「良かれと思って!」で井手らっきょが野球専門学校を作っていたと告白。

意外と有名だったのかもしれないが
かつて「マネーの虎」で元プロ野球選手を迎え
野球選手を育成するという企画を行っていた。

それが2005年に設立された野球の専門学校
「プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー」である。

Sponsored Links

 

井手らっきょが野球専門学校を作った理由

井手らっきょの息子であるROOK(ラッパー)
をプロ野球選手にしたいという理由で
2000万かけて野球学校を作ったという。

本当は東京に作るつもりだったが
予算の問題でなぜか熊本に作ることになったのだとか。

しかし、熊本に作ってしまったために
息子が通えるのは夏休みや正月といった
長期休暇だけという本末転倒っぷり。

しかし、利益はそんなにないものの
実際にプロ入りした野球選手がいるらしい。

 

井手らっきょが野球専門学校は熊本のどこ?

井手らっきょが作ったのは
「プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー(PBA)」
という野球の専門学校。

「良かれと思って!」内で熊本と言っていたので調べると
本当にありました。

熊本など九州圏で野球学校を探している人は
元プロ野球選手に教えてもらえるという環境は
かなり貴重かもしれませんね。

 

井手らっきょの野球学校からプロ入りした選手とは?

2008年にPBAからプロ入りが出た。

猪本健太郎がドラフトでソフトバンクから
3巡目に指名されて初のプロ入り
となっている。

と本当にソフトバンクにプロ入りした選手がいる。

実際、そこから2017年までプロ入りが出ていないのは
成績としてはどうなのだろうか?

ただ、プロ野球選手という狭き門を一人でも通ったという実績は
素直にすごいと言えるのかもしれない。

ただ、井手らっきょから「ドジャーズ」という言葉が出ていたが
どうやらドジャーズ入りした選手はいないようなのでガセのようだ。

 

井手らっきょが作った野球専門学校まとめ

・井手らっきょが作った野球専門学校は「プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー」
・息子をプロ野球選手にしたくて作った
・熊本県に実際にPBAで検索するとヒットする
・PBA卒業のプロ野球選手は猪本健太郎