槇原敬之の芸能界復帰はいつになる?前回の逮捕を振り返る【覚醒剤で再逮捕】

槇原敬之が薬物(覚醒剤)で再逮捕されることになりましたが、芸能界を引退するのか復帰するのか気になりますよね。前回の逮捕時はどれくらいで復帰出来たのか見ていきます。



槇原敬之の芸能界復帰はいつになる?

槇原敬之の前回1999年の逮捕を振り返る

槇原敬之が以前に覚醒剤取締法違反で逮捕されたのは1999年8月26日です。今から考えると約21年前のことになります。当時は自宅のペンケースに1gの程度の覚醒剤が見つかり、逮捕されています。

当時は同棲していたと言われている23歳の男性でパートナー奥村秀一(金ちゃん)と一緒に現行犯で逮捕されています。

その後、1ヶ月の勾留を経て300万円を支払い釈放されています。

20年以上も前のことだと、すごい昔に感じますね。ただ、槇原敬之が覚醒剤をやっていたのは誰もが知る事実で

「もうヤクなんてしないなんて~、言わないよ絶対~」

というスラングが出来てネタにされるほど。


当時、槇原敬之は有罪判決で懲役1年6ヶ月、執行猶予3年判決を言い渡されていますが、2000年には奥村秀一(金ちゃん)とまたも同棲を始めていたと言われています。


槇原敬之の復帰時期は

そもそも槇原敬之が復帰するのかですが、全然復帰する可能性はあると思います。まず、日本の芸能界が薬物に対して寛容であるのと、復帰した芸能人やタレントも多いです。というか槇原敬之自身も1999年に逮捕されておきながら、復帰して大成功を収めているので、日本の芸能界は薬物犯罪の免疫高すぎますよね(汗)

槇原敬之が1回目に逮捕されたのは1999年8月26日で2000年11月に10thアルバム『太陽』で活動再開しています。

ちなみに懲役1年6ヶ月、執行猶予3年という有罪判決が出たのは1999年12月8日。

「復帰したのは2000年11月・・・あれ?懲役1年6ヶ月あるのに判決から11ヶ月で復帰している?」

と思うかもしれませんが、槇原敬之には3年の執行猶予がありましたので3年間犯罪が無ければこの刑自体が無効になるということですね。要するに情状酌量の余地があったということですね。

執行猶予の条件ですが

執行猶予は「前科がない」「3年以下の懲役もしくは禁固、又は50万円以下の罰金刑」のときに罪状に応じて勘案され、言い渡されます。

ということで、今回は槇原敬之は既に前科があります。更に再犯ということで情状酌量の余地がないと判断される可能性が高くパートナーであった奥村秀一(金ちゃん)が2018年3月16日に再犯で捕まりましたが、有罪判決で懲役2年と言い渡されています。

つまり、槇原敬之も同じ様な判決になる可能性が高く、2年くらいは刑務所に入ってこなければいけないということになります。

これを考えると、槇原敬之の芸能界復帰は早くても2年後の2022年ということになりますね。


槇原敬之の芸能界復帰はいつになる?前回の逮捕を振り返るまとめ

・1度目の逮捕は1999年8月26日
・1度目は有罪判決で懲役1年6ヶ月、執行猶予3年
・2000年11月に10thアルバム『太陽』で活動再開
・執行猶予があったので逮捕から11ヶ月で復帰
・奥村秀一(金ちゃん)が2018年3月16日に再犯、懲役2年
・槇原敬之も懲役2年程度は実刑が下る可能性が高い
・復帰は早くても2022年