豆乳の効果的な飲み方!男性女性で肌と髪や便秘にも効果的

豆乳は健康に良いと
一度は聞いた事ありますよね。

豆乳にはタンパク質やビタミン、鉄分などが
たっぷりと含まれています。

特にイソフラボンは女性に嬉しい栄養素です。

また、レシチンは動脈硬化を予防する
男性にとっても大切な栄養素です。


そんな良い点しかなさそうな豆乳ですが
不味いと感じる人も多いでしょう。

そして、無理して飲むほどのものではない
と豆乳を諦めてしまう人もいると思います。

そこで、豆乳の栄養素を詳しく説明して
豆乳の良さを十分に知っていきましょう。

また、そこから分かる豆乳の効果も
男女別に説明していきます。

豆乳の種類も説明するので
豆乳が苦手な人も必見です。

種類を知れば、飲みやすい豆乳も
見つかりますよ。

 
スポンサーリンク

豆乳に含まれる栄養成分

豆乳の栄養は、挙げればキリがないぐらい色んな栄養素が
ぎゅっと詰まっています。

タンパク質、ビタミンB、ビタミンC、鉄分
マグネシウム、カルシウム、ビタミンD。

レシチン、イソフラボン、サポニン
オリゴ糖なども含まれています。  

豆乳の栄養で特徴的なのは
栄養が吸収されやすい点です。

これは、豆乳が豆腐に固める前の
ものだからです。

大豆をすりつぶした汁が豆乳で細かく
粉砕されてるので吸収されやすいのです。

そして、牛乳と豆乳と比べた栄養成分がこちら。

豆乳は牛乳よりも鉄分や銅が
多く配合されているのが分かりますよね。

また、牛乳と比べると低カロリーで
低脂質、低糖
と嬉しい面もあります。

しかし、カルシウム量は牛乳の方が
多く、豆乳があれば牛乳はいらないとは
言えません。

それでも、健康や美容を考える人にとって
豆乳は魅力的です。


豆乳の男性女性別効果の解説!肌と髪や便秘にも効果的

男性の豆乳効果とは

男性が嬉しい豆乳効果は
動脈硬化や肥満防止、集中力維持
などです。

豆乳に含まれるレシチンは脂質の一種です。

レシチンは記憶力を高め、痴呆などの脳の
老化を防ぐ働きがあります。

また、レシチンは動脈硬化を防ぐ役割があります。

さらにサポニンは、肥満を防ぐ働き
あります。


健康診断の結果が気になる人は
サポニンは嬉しい成分ですよね。

また、サポニンはアレルギーの症状を
和らげる働きもある
ため、花粉症で悩む人は
ぜひ積極的に摂りたい成分です。

そしてビタミンB郡は、集中力の低下を防ぎます。

仕事を効率的にやるデキる人のために
ビタミンB郡は隠れたサポーターと
言ったところでしょう。

他にも豆乳に含まれるタンパク質は
筋肉や髪を健康に保つ
役割もあります。

男らしく筋肉をつけたい人や、白髪や
髪の抜け毛に悩む人は豆乳がお勧めです。

まとめると、男性向け豆乳効果は動脈硬化
肥満防止と言った健康の効果があります。

また、仕事の集中力や老化にも効果が
期待できます。

 
スポンサーリンク

女性の豆乳効果とは

豆乳が女性に期待できる効果は
アンチエイジングや女性特有の悩み
です。

まず、豆乳と言ったらイソフラボンです。

イソフラボンは化粧品にも利用されるぐらい
女性と切っても切り離せない関係です。

なぜなら、イソフラボンは女性ホルモンに
似た働きをする
からです。

イソフラボンはコラーゲンやヒアルロン酸の
生成を促し、肌の新陳代謝を高めます。

そして、シミやそばかす、ニキビなどを
予防してハリや潤いを肌に
作ります。

女性らしい美しさを保つ働きが
イソフラボンにはあるのです。


また、豆乳に含まれるビタミンEは
女性ホルモンをサポートします。

そして、血行を良くして肩こりや冷え性を
改善する働きがビタミンEにはあります。

もちろん男性の効果で書いたように
タンパク質は女性にも大切です。

タンパク質は体を作る働きがあるので
肌や爪、髪などを健康に保ちます。

白髪や肌のきれいを保つのがタンパク質と
言っても過言ではないでしょう。


こういった健康や美容の効果だけでなく
豆乳にはダイエット効果もあります。

牛乳に比べて豆乳は低カロリーなので
飲んでも安心
です。

しかし、低カロリーだからといって
腹持ちが悪い訳ではありません。

豆乳に含まれる植物性タンパク質は
吸収が遅く、腹持ちが良いのです。

つまり、豆乳は低カロリーなのに
満足感がある飲み物
と言えます。


また、腸の環境を整えるオリゴ糖も
豆乳には含まれています。

ダイエット中は便秘になりがちですが
豆乳はそれを防いでスッキリできます。

他にも、豆乳には鉄分が含まれているので
貧血防止にもなります。

つまり、豆乳は健康、美容、ダイエットの
3つに効果が期待できるという事ですね。

豆乳は女性に人気なのは女性に
嬉しい効果がたくさんあるからでしょう。

 
スポンサーリンク

豆乳の効果的な飲み方は?ダイエットや美容にも最適!

豆乳を効果的に飲むためには、起床時
空腹時、食事前を意識します。

まず起床時は、体がエネルギーに
しやすいからです。

寝起きは胃の中が空っぽですよね?

空っぽだと体はエネルギーを
吸収しやすいため、起床時は効率的に
豆乳を吸収できる時間帯
なのです。

また、便秘解消にもなります。

空腹時も同じく、胃の中が空っぽなので
豆乳がエネルギーになりやすい時です。


そして食事前に豆乳を飲むのは
ダイエット効果がある
からです。

サポニンが脂肪やコレステロールなどの
吸収を防いでくれます。

また、豆乳は満腹感を感じやすいため
食事前に飲めば暴食を防げます。


以上のタイミングを踏まえ、豆乳は1日に
200mlの摂取が目安
です。

200mlは、コップ1杯ぐらいの量です。

そして、豆乳はずっと体の中に留まるものではありません。

いずれは排出されます。

そのため、朝と夕の2回飲むなど
分けて飲むのがお勧め
です。

その方が、一気にたくさん飲むよりも
豆乳の栄養が体内に長く存在します。

起床時と夕食前など自分が
飲みやすいタイミングで飲んでいきましょう。


無調整豆乳は美味しくない?おすすめは大豆飲料

飲む健康飲料の豆乳ですが、デメリットは
あまり美味しくない点
です。

冒頭でも書いた通り、豆乳は不味いと
思っている人もいます。

しかし、その豆乳は
無調整豆乳の可能性が高いです。

無調整豆乳は、豆乳に水以外のものを
加えていません。

すでに説明した通り、豆乳は大豆を
すりつぶした液です。

無調整豆乳はタンパク質量が高いのですが
豆臭いのです。

私は豆乳好きですが、無調整豆乳だけは
飲めません。

それぐらい癖がある味です。


しかし、調整豆乳ならば豆乳に
砂糖や塩、香料などを加えています。

タンパク質量は無調整豆乳よりも
低いのですが、飲みやすいです。

私はいつも調整豆乳を買います。

あっさりしていて、牛乳よりも
飲みやすいです。

また、豆乳におからをプラスした
大豆飲料もお勧め
です。

どろっとしていて、おからが嫌いでなければ飲める味です。

こちらが無調整豆乳におからをプラスした
大豆飲料です。

なぜかおからが入っているだけで
無調整豆乳より飲みやすいんですよね(笑)

体にも一番良いのは間違いなく
この大豆飲料ですので、健康を考える方は
これがブログ管理人のイチオシです。

330mlタイプもあるので
是非お試しあれ。


ただ、一番飲みやすいのは豆乳飲料ですよね。

バナナやコーヒー、紅茶、抹茶などで
味付けしてあり、ジュースのように飲めます。

デメリットは飲みやすい分、タンパク質量は
かなり減ってしまう点です。

しかも甘いのでダイエットには向いていません。

個人的には砂糖がかなり入っているので
健康のためと飲み始めたものが
健康を害する可能性すらあると考えています。

健康を考えるならやはり飲まない方がいいですね。

及第点として調整豆乳でしょうか。


ただ、豆乳に苦手意識があるなら、豆乳飲料から
飲んでみるのも良いですよ。

また、調整豆乳が飲めるなら大豆飲料にも
チャレンジしてみるのもアリかもしれません。

調整豆乳と混ぜたり
少しずつ無調整や大豆飲料に近づけていくと
飲みやすいかもしれませんね。


豆乳の効果的な飲み方!男性女性で肌と髪や便秘にも効果的まとめ

・豆乳の栄養は健康、美容、ダイエットに良いので女性にお勧め
・男性も豆乳で男らしくなれる、仕事に集中できる
・豆乳は起床時、空腹時、食事前に分けて飲む、1日摂取目安は200ml
・調整豆乳と大豆飲料がお勧め
・豆乳嫌いなら、豆乳飲料からスタートする
・豆乳飲料は甘い、飲み過ぎ注意