ストロングゼロは糖質ゼロじゃない!糖類0に騙されるな【糖質制限中も注意】

ストロングゼロの売りの一つは糖類0ってことですよね。糖質制限ダイエットなどが流行ったことにも便乗してストロングゼロは糖類0を掲げて大成功した缶チューハイです。

Twitterなどでも「ストロングゼロは糖質0だから安心」などという完全に騙されているツイートを見かけることがあります。

ですが、最初に結論言いますが

糖類0は糖質0じゃありません。

ストロングゼロは普通に糖質入ってますのでがぶ飲みは気をつけましょう。それでは、糖類0とは何なのか?なぜ糖質が入っているということになるのか解説していきます。



ストロングゼロの糖質量はゼロではない!糖類0の表示に騙されるな

騙されてはいけないのは、糖類0は糖質0ではないということ。そして、糖質の表示義務はありません。この糖類0という表示が糖質0と勘違いされている可能性が非常に高い。そもそも炭水化物と糖質や糖類の表示ですが

炭水化物の中に糖質が分類され
糖質の中に糖類が分類されています。

炭水化物 { 糖質 { 糖類・その他の糖

といった感じです。

炭水化物(表示義務あり)
糖質(任意で表示)
糖類(任意で表示)

この赤字の糖質部分がストロングゼロには表示されていません。

これがストロングゼロの栄養成分表示です。

炭水化物の中に糖類が表示されていますが、炭水化物と糖類の間に任意で表示出来る糖質が表示されていません。

サントリーさんよ、これがストロングゼロのやり方ですか?



糖類0ということは少なくても砂糖や果糖、ブドウ糖など糖類に分類されるものは入っていません。しかし、糖質に分類されるものが入っているのでしょう。オリゴ糖なども糖類には分類されませんが糖質です。

そもそも、糖質制限が流行っているのに糖質が0なのであれば、糖質0として売り出せばいいものをわざわざ糖類0として売り出しているので、嫌でも糖質を隠したいという意図が伝わってきていしまいます。

糖質の計算式は 炭水化物-食物繊維 です。

しかし、ストロングゼロには食物繊維が入っていない商品には食物繊維の表示がないように見えます。(食物繊維が入っている商品には表示されている)なので、ストロングゼロは炭水化物=糖質の可能性が非常に高いです。

ストロングゼロの商品に炭水化物が0の商品はなく、100mlあたり0.2~0.8gくらいの商品が多いです。ストロングゼロ500mlであれば、1.0~4.0gの炭水化物が含まれていることになります。

ストロングゼロの500mlは多いと4g程の糖質がある可能性がありますね。

ただ、500mlで糖質が1g~4gというのは十分少ない数値なので、何本も1日に飲まない限りは気にする量ではないとも言えます。

しかし、1日に数本とか飲むヘビーユーザーは気をつけた方がいいです。このストロングゼロの炭水化物(糖質)の表示に振り幅がなぜあるのかは分からないですが、最大の4g計算だと毎日数本飲む方は太る可能性があります。

4gってだいたい角砂糖1個分なんですよ。1日に3本飲んでいると角砂糖3個なので、1ヶ月だと角砂糖90個です。もちろん、砂糖そのまま食べてるわけじゃないので砂糖そのまま食べるのが一番太りやすいのですが、どちらにせよ、ストロングゼロは糖質が実は含まれているので、1日に何本も飲む方は無視できない数値になってくる可能性があります。


ストロングゼロのやり口が汚いのはわざと糖質の表示を隠してる所なんですよね(汗)糖類0って売出し方はどう考えても糖質0と勘違いするし、実際に今でも糖質入ってないと思って飲んでいる人が沢山いることでしょう。この事実を知ってしまうと何か騙された気分になりますよね。

完璧に糖質を断ったりしている方は完全にしてやられた感じでしょう。そこまでガチの糖質制限をしている人はほぼいないと思いますが、少しでも糖質を下げようと努力して食事をしている方はいるかと思います。その中でもお酒が好きで、糖質0だと思ってストロングゼロを何本も飲んでいた方は特に気をつけた方がいいかもしれませんね。

ストロングゼロは糖質0じゃなかった!糖類0の表示に騙されるなまとめ

・糖類0は糖質0ではない
・ストロングゼロは意図的に糖質を表示していない
・炭水化物=糖質である可能性が高い
・500mlで1g~4gの炭水化物(糖質)
・ヘビーユーザーは糖質も無視できない数値に