ゆで卵ってお手軽でお腹も膨れますし、塩やマヨネーズで食べるだけでも美味しいし、味付け卵も良いですよね。最近はダイエットでも重宝される食材としても大活躍のゆで卵ですが、ゆで卵って冷凍保存しても大丈夫なの?という当たり前の疑問が浮かぶと思いますのでお話していきます。

ゆで卵の冷凍保存のメリット!長期保存が可能に

ゆで卵の賞味期限と保存方法・状態ごとに解説でも詳しく解説していますが、ゆで卵の賞味期限は普通であれば冷蔵庫で保存しても3日ほどとかなり短いです。

ですが、ゆで卵にして冷凍保存すると賞味期限は1ヶ月程とかなり長い間食べることが出来ます。これがゆで卵を冷凍保存する大きなメリットですね。

やっぱり卵は加熱した時点から劣化が始まるということで、ゆで卵も3日程の賞味期限と聞くと、多くの卵をゆで卵にするのは気が引けますが、冷凍保存なら一気に多くの卵をゆで卵にして冷凍しておくことも可能ですね。

ただ、ゆで卵の冷凍保存にはデメリットもあるので注意が必要です。


ゆで卵の冷凍保存のデメリット!解凍するとまずい

ゆで卵を冷凍保存するメリットは賞味期限1ヶ月と長期保存が出来ることですが、ゆで卵に美味しさを求める人はかなり大きなデメリットとなります。

ゆで卵の冷凍保存の大きなデメリットは、食感がスカスカになりゆで卵がかなりまずくなることです。

原因としては白身部分の水分が凍ってしまい、解凍した時にその水分が流れ出てしまい、ゆで卵のプリッとした食感が失われスカスカになってしまうことです。ちなみに黄身部分は大丈夫です。

なので、ゆで卵を冷凍保存する際はひと工夫必要になります。


ゆで卵のおすすめ冷凍方法!フィリングでで美味しく

フィリングにしておくことでゆで卵を冷凍保存しても美味しく食べることが出来ます。サンドイッチなどの中身に使われるゆで卵を潰してマヨネーズとあえるアレです。

なぜ、フィリングにすると美味しく食べられるかというと、マヨネーズをあえることで油分が多くなるので、油分でコーティングすることで、冷凍してもゆで卵の白身部分の食感を損ないにくくすることが出来るみたいですね。

サンドイッチはもちろん、サラダの上に載せたりと結構汎用性の高いものですので、マヨネーズにからしを混ぜたり、カレー粉を混ぜたりと、小分けにすれば色んなバリエーションで冷凍保存することが出来ます。

サンドイッチを作る際にもいちいち卵を茹でなくて良いですし、サラダにちょっと乗せしたい時なんかもめちゃくちゃ便利で美味しく食べられます。

なので、ゆで卵はそのまま冷凍するより、調味料的な扱いにはなりますが、フィリングして冷凍するのが最も美味しく保存する方法ですね。

いくら長期保存が可能だからといって、解凍したときにスカスカのグズグズでは美味しくないという理由で、口に入れた時にテンション下がっちゃいますからね(汗)


ゆで卵の冷凍保存はOK?まずいのでおすすめ冷凍方法まとめ

・冷凍保存は長期保存出来るのがメリット
・ゆで卵はそのまま冷凍保存するとまずい
・フィリングにして冷凍することで美味しく食べられる

おすすめ記事と広告