黒酢の飲むタイミング(時間)は朝夜、食前食後?ダイエットの効果は

黒酢といえば、健康効果からダイエットにと幅広い世代に知られている飲み物ですよね。最近では飲みやすいシリーズもスーパーなどで販売されており、冷蔵庫に常備しているといった方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな黒酢の効果を高める飲むタイミング、時間帯が朝か夜が良いのか、食前か食後が良いのか、飲むタイミングによってダイエット効果は変わってくるのかなど調査していきます。



黒酢の健康効果とイエット効果は

黒酢といえば、沢山の健康効果やダイエット効果がありますが、主な効果を紹介します。

効果①:疲労回復

アミノ酸とクエン酸が疲労回復の手助けをしてくれます。黒酢だけでなくお酢の疲労回復効果は有名ですよね。何となく体がだるいっといった症状や疲労が抜けきらないという方は試してみる価値がありますね。

効果②:血液をサラサラに

お酢自体が血液をサラサラにする効果があると言われていますが、黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれているのでより血液をサラサラ効果が高まります。不健康でジャンキーな食事が多いといった方は高血圧だったり血液がドロドロだったりする場合も多いので、気になる方は黒酢がおすすめです。

効果③:血圧を下げる

お酢には酢酸という成分があり、これが血圧を下げるという報告があります。毎日大さじ1杯を食事に摂り入れるだけでも効果があるそうなので、血圧が気になる方は是非食事に取り入れましょう。

効果④:腸内環境を整える(美肌効果・便秘改善)

血圧を下げる効果がある酢酸ですが、実は腸内でも大活躍、悪玉菌の増殖を抑える効果があります。腸内環境が整えば、美肌効果や便秘改善など様々な相乗効果が見込めます。

効果⑤:抗酸化作用(アンチエイジング効果)

抗酸化作用というのは、錆びさせない作用です。鉄と一緒で人間も酸化します。抗酸化作用はその酸化に抗う効果でアンチエイジング効果と言われ、老化防止効果といった呼ばれ方がしますね。有名なのは赤ワインやカカオの高ポリフェノール食材の抗酸化作用ですが、黒酢にもメラノイジンという強い抗酸化作用のある成分が入っておりアンチエイジングに効果があります。「シワが気になってきた」など幅広いアンチエイジング効果に期待が出来ます。

効果⑥血糖値上昇の抑制(ダイエット効果)

まず、お酢には血糖値上昇を緩やかにする効果が証明されています。糖質制限が流行っていたりしますが、あれは血糖値を上げないことで、余分な中性脂肪を体に貯めないことで痩せるダイエットです。つまりお酢を食事に取り入れるだけで、同じ食事でもダイエット、効果があります。更に、黒酢には脂肪燃焼効果もあるのでダイエット効果も相乗効果が期待出来ますね。


黒酢の飲おすすめの飲み方は〇〇で薄める

黒酢はやはりお酢なので、薄めて飲むのがベストです。ストレートで飲んでしまうと、胃を痛めてしまう可能性があるからです。特に空きっ腹に飲むとその可能性があるので注意です。

基本的には黒酢は水か炭酸水で大さじ1杯(15ml)を10倍以上に薄めて飲むのが良いです。10倍でも酸っぱいのが気になる、味が気になるという方は薄める分には問題ないので、自分の好みで薄めましょう。


黒酢の飲むタイミング(時間)と飲み方!朝or夜か食前or食後?

疲労回復目的の飲むタイミング

運動後の疲労回復であれば、運動後に飲むのが良いです。黒酢に含まれるアミノ酸とクエン酸が疲労回復の手助けとなってくれます。

仕事疲れなどの疲労回復については、食事にうまく黒酢を取り入れましょう。この場合は飲むタイミングはそこまでこだわりませんが、食事と一緒に飲むなら食後が胃に負担がかからなくて良いです。

ダイエット効果目的の飲むタイミング

上記で解説下通り、お酢には血糖値上昇を抑える効果もありますし黒酢には脂肪燃焼効果も高いです。なので、ダイエット目的でもかなり効果が見込めます。では、どのタイミングで飲むのかですが、運動であれば運動前、食事であれば食後に飲むのが良いです。

運動前に飲むのは、脂肪燃焼効果を高めてくれるためでウォーキングや水泳といった有酸素運動と合わせて実践することでより効果が高まります。ちなみに運動前に飲む場合ですが、空きっ腹は胃に負担がかかる可能性があるので注意しましょう。

食後に飲むのは、血糖値上昇を抑えるためです。食前の方が効果が高まりそうな気もしますが、空腹時にお酢を飲むのは胃に負担がかかるので、薄めて食後に飲むのが一番良いです。


おすすめの黒酢を紹介


黒酢の飲むタイミング(時間)は朝夜、食前食後?!ダイエットの効果まとめ

・疲労回復、血液サラサラ、血圧を下げる、整腸効果、アンチエイジング効果、ダイエット効果など
・飲み方は大さじ1杯を10倍以上に薄める
・疲労回復目的で飲むなら運動後、仕事疲れは食後
・ダイエット目的なら運動前、食後