マヨネーズのカロリーで太るは嘘!糖質制限でカロリーハーフは要注意

マヨネーズは太ると
聞いた事はありませんか?

ダイエット中はマヨネーズを
控えていた人も多いと思います。

しかし、実はマヨネーズの糖質は
かなり低いのです。

マヨネーズにはコレステロールや脂肪が
含まれているので、太ると
言われていたのでしょう。

もちろんマヨネーズなら大量に
使っても問題ない訳ではありませんが(笑)

マヨネーズは太ると言われていた理由を
詳しく見てみましょう。

そして、マヨネーズの糖質について
マヨネーズ各社を比較します。

カロリーハーフのマヨネーズなど糖質を
気にする人は、これを読めばマヨネーズの
糖質がひと目で分かりますよ。

もうダイエットや健康のためだからといって
マヨネーズを我慢しなくても良しです!

 
スポンサーリンク

マヨネーズが太ると言われてきた理由

マヨネーズが太ると言われていた理由は
油とカロリーが多いからです。

マヨネーズの原料は、油や卵、酢、塩です。

キューピーマヨネーズの栄養成分を
参考までに見てみましょう。

その栄養成分が書かれてるのが
コチラの画像です。

https://www.kewpie.co.jp/products/product.php?j_cd=4901577042072


この表から分かるように
油はマヨネーズの主原料です。

大さじ1杯(15g)には脂質が
11.g配合していているのが分かりますよね。

マヨネーズの大部分は脂質なので
『脂質が多い=太る』と言われているのです。

また、マヨネーズは油が主原料なので
カロリーも高めです。

栄養成分表にもう一度目を
向けてみましょう。


マヨネーズのカロリーは
大さじ1杯=100kcalです。

100kcalは、バナナ2分の1本や
りんご2分の1個と同じカロリーです。

マヨネーズは大さじ1杯でそれらと
同じカロリーを消費します。

つまり、マヨネーズは油が多い事と
カロリーが高い事から太ると
言われています。


しかし、マヨネーズは脂質が多くても
糖質が低い調味料です。

糖質が低いとインスリンの
大量分泌を防げます。

インスリンの大量分泌を防げると
血糖値の急上昇を防げます。

血糖値は急上昇すると
インスリンと血中のブドウ糖が結合して
中性脂肪として蓄えてしまいます。

マヨネーズは血糖値の急上昇を抑えて
脂肪を蓄えるのを防ぎます。

つまり、マヨネーズはカロリーが高いけど
脂肪を蓄えにくいから太りにくいのです。

 
スポンサーリンク

マヨネーズの糖質量、カロリーハーフとも比較

 
では、マヨネーズにはどのぐらいの
糖質が含まれているのか気になりますよね。

カロリーハーフのマヨネーズなども含め
マヨネーズの糖質をチェックしましょう。

まずもう一度、キューピーマヨネーズの
栄養成分表に目を向けて下さい。

栄養成分表の画像はコチラです。

https://www.kewpie.co.jp/products/product.php?j_cd=4901577042072


この表に、炭水化物と書いてありますよね。

この炭水化物が糖質を表しています。

糖質は炭水化物-食物繊維でも含有量が
分かります。

キューピーマヨネーズには食物繊維の表示がありません。

これは食物繊維が含まれていないか
含まれていたとしても微量という事です。

つまり、キューピーマヨネーズは
炭水化物=糖質となる訳です。

となると、炭水化物は大さじ1杯で0.1gです。

つまり、大さじ1杯のマヨネーズの糖質量は0.1gです。


これが少ないかは、糖質を他の
ドレッシングと比較すると分かります。

・フレンチドレッシングが100gあたり5.9g

・ノンオイル和風ドレッシングが100gあたり16.1g

・ごまドレッシングが100gあたり21.2g

ドレッシングの糖質とマヨネーズの糖質を
比較すると、マヨネーズの糖質の
低さが分かりますよね。


そして多くの人が勘違いするであろう事が
カロリーハーフのマヨネーズの糖質です。

カロリーハーフは一般的なマヨネーズよりも糖質が多く含まれています。

これは、カロリーを少なくするために
油の量を減らすからです。

油を少なくするとおいしさが減ります。

そのためカロリーハーフには
砂糖が含まれているのです。

そして砂糖を添加してるので
糖質も上がります。


キューピーマヨネーズのカロリーハーフの
栄養成分表はこちらの画像です。

https://www.kewpie.co.jp/products/product.php?j_cd=4901577031083

カロリーハーフマヨネーズの糖質量は
大さじ1杯あたり0.3gです。

カロリーハーフマヨネーズでも
ドレッシングよりは糖質が低いですよね。

しかし、一般的なマヨネーズよりも
糖質は上がります。

そして、原材料に砂糖が含まれているのが
分かります。

また、ハーフではないマヨネーズには
砂糖が含まれていないのも一枚目の画像から分かります。


ただしカロリーハーフは全てのマヨネーズが
糖質アップになるとは言えません。

マヨネーズの中には、カロリーに限らず
糖質が変わらないメーカーもあります。

また、カロリーオフで糖質が
上がるマヨネーズもあります。

メーカー別のマヨネーズの糖質は
次章で紹介します。


ちなみに、カロリーハーフマヨネーズは
厳密にはマヨネーズではありません。

カロリーハーフの名称は
『サラダクリーミードレッシング』です。

マヨネーズだと添加物などの
基準があるからです。

カロリーハーフはその基準が
合わない作りです。

だからマヨネーズではないのです。

まぁ、マヨネーズの味がすれば
名称はあまり気にしませんよね(笑)

マヨネーズはドレッシングよりも糖質オフ。

ハーフマヨネーズは糖質が上がるけど
ドレッシングよりも糖質オフ。

これさえ掴んでおけば問題ありません。

 
スポンサーリンク

マヨネーズのカロリーで太るは嘘!実は超低糖質食品

マヨネーズの糖質について触れてきました。

しかし、糖質は
マヨネーズのメーカーによって変わります。

そのため、大手マヨネーズのメーカー別の
糖質を見ていきましょう。

糖質は全て大さじ1杯の量です。

・キューピーマヨネーズは0.1g

・キューピー(アマニ油)マヨネーズは0.6g

・味の素(ピュアセレクト)は0.54g

・味の素(べに花マヨネーズ)は0.54g

・味の素(サラリア)は0.48g

・ケンコーマヨネーズ(プレーンタイプ)は0.45g


そして、ハーフマヨネーズの糖質は
以下の通りです。

こちらの糖質も大さじ1杯あたりです。

・キューピーマヨネーズは0.3g

・味の素(コクうまカロリー65%カット)は0.48g

キューピーマヨネーズが一番糖質を
抑えているのが分かりますよね。

また、カロリーオフにすると糖質量が
上がるマヨネーズもあります。

さらに、アマニ油やべに花など健康を
意識したマヨネーズは糖質が高いのも
分かりますよね。  

マヨネーズは健康を
意識したものではなくシンプルが一番。

こう言えます。

また、それでもマヨネーズは一般的にドレッシングと比べると糖質は低いのも分かります。


マヨネーズは糖質制限ダイエットにもおすすめ?

マヨネーズについて色々と見てきました。

マヨネーズはドレッシングよりも
糖質が低いのはもう分かりましたよね。

そのため、糖質制限ダイエットをするなら
マヨネーズはオススメです。

もちろんマヨネーズにもカロリーはあります。

そのため、サラダには何もかけないのがベストです。

しかし、サラダにドレッシングをかけるなら
マヨネーズをかけた方が糖質オフです。

また、マヨネーズは卵を利用しています。

卵には豊富なタンパク質が含まれていて
筋肉を付けるのをサポートします。

筋肉が増えると基礎代謝が上がり
痩せやすくなります。

つまり、マヨネーズは太りにくい体を
作るのもサポートするのです。

また、ダイエット中はタンパク質が
不足しがちです。

マヨネーズは健康に痩せるための
サポートにもなりうる調味料なのです。

だから糖質制限ダイエットには、マヨネーズは最適です。


マヨネーズのカロリーで太るは嘘!糖質制限でカロリーハーフは要注意

・マヨネーズはドレッシングよりもかなり糖質が少ない
・ハーフマヨネーズは糖質が高めの可能性あり
・健康を意識したマヨネーズよりも一般的なマヨネーズの方が糖質が低い
・キューピーマヨネーズが一番糖質が少ない
・糖質制限ダイエットにマヨネーズはピッタリ
・マヨネーズならタンパク質の補充にもなる